マリナーズのフェリックス・ヘルナンデスがメジャー投手史上最高額で契約延長

スポンサードリンク

マリナーズのフェリックス・ヘルナンデスがメジャー投手史上最高額で契約延長キング マリナーズ 契約

キングの愛称知られるマリナーズのエース、フェリックス・ヘルナンデス投手。

去年は完全試合を達成し、キャリアハイの年齢にも届かない若さで、すでに球界を代表するエースとなっている。

ベネゼエラ出身のキングは、シアトルの土地が気にいってるらしく、生涯マリナーズを宣言している。

彼がいる限り、ダルビッシュがメジャーで一番の投手になることは難しい。彼の同級生に生まれた全投手は可哀想だ。

スポンサードリンク



去年までのマリナーズはイチローとキングの2枚看板で戦っていたが、イチローがヤンキースに移籍した現在、同球団のスターは実質キングのみである。

イチローに払ってた額をキングに払うと考えるとわかりやすいが、それより他の若手が成長した後に、値上がりする年棒についてどう処理するのかが気になる。

今のマリナーズには将来のスター候補がゴロゴロいる。キングばかりに優遇していたら将来不安だ。せっかくイチローが移籍したのだから、もう少し効率的にお金を分配しないと・・・・。

自分の予想では、ジャスティン・スモークが開花した後に、彼をトレードに出すのだろうと。このキングのありえない契約金を見て思う。今抱えてる有望株の何人かは数年後に移籍する運命にあると・・・・。

うーん、元々投手有利のホームグランド(セーフコ)を抱えたマリナーズなのだから、投手にそこまでお金をかける必要はなくて、それよりもプホルスやカノーのような、毎年安定した長打率を誇る長距離打者にバカな金額を払うべきなのだ。

キングがマリナーズ側に長期契約の高額を請求したときは、さすがにマリナーズも渋ったようだが、キングの心意気に、どん底の今、惚れてしまったのだろう。

確かに、イチローがいなくなった今のマリナーズに、球界を代表する素質を持った男が依存してくれるのは、どう考えても魅力的。

けど、何年か後に、今の負の連鎖が生んだ、失敗契約になってないかが心配。キングの実力ではなく、チーム全体のバランスでの話だ。

キングの奪三振ショー以外に見応えのないチームにならない為に・・・ファンがお金の心配するのはおかしいが


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です