ケンプがトレードされる理由

スポンサードリンク

ケンプがトレードされる理由ケンプ トレード 理由

急にトレード要因疑惑が浮上したドジャースのマット・ケンプ外野手。

そのトレード要因の理由は、昨年から苦しんでいるケガだ。

試合にさえ出れば良い成績を残るスラッガーではあるが、

最近のケンプは、その”試合に出る”ということが難しい状況。

スポンサードリンク



そして、今のドジャースの外野には、ケンプの他には、

ヤシエル・プイグ、アンドレ・イーシア、カール・クロフォードの

有望株4人が在席している。

現在29歳のマット・ケンプもまだまだ魅力が尽きないが、

彼の利己的な性格に、不満を持つフロントの人間が多いのが一番の原因。

今年のドジャースは、個性的なチームでプレーオフまで戦ったのは良いが、

結局はチーム力が上のカージナルスにあえなく惨敗。

野球というチームスポーツの性質を考えてみると、

ドジャースも今のままではいけない。

今年のケンプは、途中交代に激怒し、監督やチームメイトと揉めたりと散々。

チームの足並みを揃えたければ、やはりケンプをトレードに出すのは万策だ。

ケンプをトレードに出すメリットと理由は、意外にも山ほどある。

しかし、結局は、

「バイソン」のあだ名で親しまれていることや、

リアーナとの交際などの私生活の派手さで

ファンからの人気は、チームの中では圧倒的。

視聴率やグッズの売り上げを考えると、

やはり、今のドジャースにはケンプは必要。

しかし、次世代のスター候補の若手が登場した途端、

あえなくトレードに出されても、誰も驚かない。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です