またメジャーで転落死か

スポンサードリンク

またメジャーで転落死か楽しいはずの球場で悲劇が起きた。

7日夜、テキサス州アーリントンで松井秀喜外野手の所属するアスレチックスと本拠地のレンジャーズが試合を行っていた最中だ。

左翼席の最前列にいた消防士のシャノン・ストーンさん(39)が約6メートル下に落下して搬送先の病院で亡くなった。

大リーグではファウルボールなどを観客席に投げ入れるファンサービスで喜ばせている。ファンも球場に来た思い出にとボールは奪い合いになるほど人気だ。

事故が起きたのは二回表の攻撃。ファウルボールを、左翼を守っていた昨年のア・リーグ最優秀選手(MVP)でレンジャーズのハミルトンが投げ入れた。ストーンさんは、それを捕球しようと高さ約1メートルの鉄柵から身を乗り出して頭から落下してしまった。

この日、ストーンさんはアーリントンから約240キロ離れた街からハミルトンの大ファンの6歳の息子と球場に来た。

ボールを持って帰ることを楽しみにして、球場近くで息子のためにグラブを新調した。

事故の夜は言葉もなかったハミルトンは一夜明けて「小さな子どもの叫び声が聞こえた。つらい。スローモーションを見ているようだった」と振り返った。

ストーンさんが落下した近くにはアスレチックスのブルペンがあった。落下直後に、まだ意識があったストーンさんは「息子は無事か」と案じていたという。その姿を見た中継ぎ右腕のジーグラーは、試合後、ストーンさんの死を伝えられると号泣していた。

スポンサードリンク



大リーグでファンが球場で落下して死亡したのは、今年に入って2件目だ。

幸い命に別条はなかったが、この球場では昨年も落下事故があった。

フェンスが低く、フィールドとファンが一体感を味わえるのが大リーグの球場の醍醐味(だいごみ)だ。

米大リーグ機構(MLB)のセリグ・コミッショナーは「引き続き各球団に安全な環境を保障してもらう」との談話を発表するにとどまる。

8日、アスレチックス・レンジャーズの試合前には黙とうがささげられ、両チームは喪章をつけた。

球団はストーンさんの家族に対する寄付金を募ることを決めた。

日本からでも寄付できるならしようかな。

今年二回目だよね?

あの命かけのボールの奪い合いがまた面白い、

けど、時にはこんな事故にまでなる。
あっていいのか、悪いのか、警備員をたくさんつけたり、

危ないエリアには保護できる方法を作るとか。

選手にお客さんの密集してる場所に投げないようなルールを作るとか。。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です