スポンサードリンク

木更津総合の野尻幸輝の出身中学と経歴。サイクルヒットやプロドラフト評価(画像)この夏、最も伸びた高校、
そして、楽しみな高校といえば、
千葉代表の木更津総合です。

千葉大会を圧倒的な打線で制し、
その打率と打点は他チームを大幅に上回ります。

さらには好投手をたくさん抱え、
ゲームのシチュエーションに合わせて、
相手打線を攻略することができます。

そんなチームの中心にいるのが、
4番で投手も担う野尻幸輝選手です。

木更津総合の野尻幸輝の出身中学と経歴

2000(平成12)年10月6日
岐阜県山県市出身
身長178センチ
体重78キロ
右投げ左打ち
家族:両親と兄

まだ17歳の天才。

これからの木更津総合を担う逸材ですが、
卒業した後も、プロか大学での活躍が期待されています。

小学校は富岡小で、富岡野球少年団にて野球を始めました。

高富中に進学し、硬式の関ボーイズでプレーし岐阜選抜入りするほどの実力がありました。

岐阜の強豪、大垣日大などからも誘いがあったそうですが、
最終的には木更津総合に進学しました。

高校でも1年からベンチに入り、
2年から大活躍を見せています。

スポンサードリンク



サイクルヒットやプロドラフト評価

野尻選手の魅力といえば、
二刀流です!

千葉大会ではサイクルヒットを記録するなど、
4番打者として大いに賑わかせました。

さらには投手としても、
143キロを超えるストレートに、
キレのある変化球で、好投を連発しました。

プロに行くとしたら、
投手としてなのか、野手なのか、
その部分は謎です。

サードも守れるというのが強みで、
仮にサードでプロに入れば、
投手で行くよりもチャンスは多そうです。

大阪桐蔭の根尾と元同僚というステータスも素敵ですね。

東千葉県大会では背番号「5」で野手兼投手として出場。決勝で先発し完投で勝利をした野尻幸輝内野手(3年)が甲子園では背番号「1」に登録変更。3年目にして、初めてエースで4番として甲子園の土を踏んだ。「背番号1の重みを感じながら甲子園見学会に参加しました。最後の夏、チームのためにプレーをしたいと思います」と胸を張った。

大阪桐蔭の根尾とは中3の時、岐阜県のボーイズリーグ県選抜で一緒に戦った仲だ。「対戦できるかもしれない。楽しみです」と、思いをはせた。引用:日刊スポーツ

プロに行く前にひとまず、
甲子園で根尾選手との熱い対決を見せて欲しいです。

投手としても野手としても、
根尾選手に負けないで欲しいです!

こういうライバル関係があるから、
高校野球って面白いんですね・・。


スポンサードリンク