横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!

スポンサードリンク

横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!2009年にまさかの神奈川から夏の甲子園の切符を手にした横浜隼人高校。
神奈川の予選では7試合中5試合が逆転での勝利で、まさにドラマのような優勝劇でした。

甲子園では初戦を難なく突破しましたが、
二回戦目で花巻東に惜しくも敗れてしまいました。

阪神タイガースのユニフォームそっくりなチームが、
まさかの戦国・神奈川からの出場ということで、
関西の野球ファンに、大きなインパクトを残しました。

笑顔で楽しそうに野球をする部員に、
阪神そっくりなユニフォーム。

たった一回の甲子園出場で、
全国的知名度は一気に広がりました。

そんな横浜隼人野球部の監督を務めるのが、
水谷哲也さんです。

横浜隼人の水谷監督をもう1回甲子園で見たい!

関東の高校の監督でありながら、
大の阪神ファンということで、
横浜隼人のユニフォームそっくりに模範してます。

個人的にはヤンキースのユニフォームに似た、
常葉菊川も「笑顔が多い」「逆転が多い」という意味で、
何か横浜隼人とそっくりな印象を受けます。

とにかく頼れる兄貴分、高校野球関係者の中でも人気者です。徳島県出身で水谷監督が選手時代は攻めダルマ蔦監督の池田高校が全国制覇の年でした。

甲子園初出場の2009年に国士舘大学の後輩であり、隼人高校でもコーチ修行をした花巻東の佐々木監督との対戦は楽しそうでした。

阪神タイガースとそっくり(当時)のユニフォームはビックリしました。東京の帝京高校も前田監督 が甲子園を目していた1970年代に<甲子園=タイガース>にあやかり今のデザインになりました。

練習ではバックアップの大切さを重点的にしているようです。また、当番校として球場でのグランド整備の時のトンボを持つ姿は名物となっています。
引用:http://ameblo.jp/kuwata18m/entry-11540287289.html

2009年の夏の甲子園の二回戦で対決した、
花巻東の佐々木監督と水谷監督は、縁がある関係だったようです。

横浜隼人水谷監督甲子園エース投手今岡画像動画現在進路

佐々木監督といえば、若くして花巻東を常勝軍団に育て、
教え子からは才能豊かな選手を多く輩出されています。

そんな佐々木監督にとって、水谷監督は「恩師」のようです。

17日の第4試合(午後4時開始予定)で対戦する横浜隼人の水谷哲也監督と、花巻東(岩手)の佐々木洋監督に、2回戦の意気込みを語ってもらった。佐々木監督はかつて横浜隼人でコーチを務め、水谷監督を恩人と慕う。「師弟対決」が実現した。(杉村健)

引用:http://www.asahi.com/koshien/91/kanagawa/news/TKY200908170019.html

あの夢のような甲子園から早くも7年の月日が経とうとしてます・・・。
再び水谷監督が甲子園に復帰すれば、新時代型の師弟対決が見れて楽しみです。

まだまだ力強さは健在な隼人なので、
コツコツと横浜・相模の壁を破って行って欲しいですね!

昨年は準々決勝で横浜高校に僅差で敗れてしまいましたが、
毎年、甲子園に最も近い負け方を残しのが隼人のすごいところです。

いつ横浜隼人が甲子園に復活してもおかしくない・・・まさに永遠のダークホースです。

スポンサードリンク



横浜隼人のメンバー(エース林俊太郎投手)の出身中学(シニア)

林俊太朗 3年生 横浜市立茅ケ崎中
梅澤健太 3年生 横浜泉リトルシニア
根本翔 3年生 中本牧リトルシニア
宇田川祐太 3年生 大和リトルシニア
金澤大地 3年生 横浜ヤング侍
秋元健吾 2年生 湘南ボーイズ -JUNIOR ALL JAPAN 2014代表
林明良 2年生 横浜市立戸塚中
重成和馬 1年生 横浜南ボーイズ
鈴木翔也 1年生 横浜港ボーイズ
青山美夏人 1年生 横須賀リトルシニア
柏木光樹 3年生 綾瀬ボーイズ –
村瀬一統 2年生 東京城南ボーイズ
百合野稀平 1年生 横浜ヤング侍 – 2012年横浜DeNAベイスターズジュニア出身
寺田祥大 1年生 川崎中央リトルシニア -2012年読売ジャイアンツジュニア出身
高橋淳彦 3年生 中本牧リトルシニア
小泉雄雅 3年生 都筑中央ボーイズ
岡龍星 3年生 神奈川綾瀬リトルシニア – 2010年横浜DeNAベイスターズジュニア出身
阿部成聖 3年生 川崎中央リトルシニア
加藤智哉 3年生 横浜港ボーイズ
志村竜也 3年生 川崎ボーイズ
白井海斗 2年生 中本牧リトルシニア
大沼祐輝 1年生 横浜南ボーイズ
横瀬辰樹 1年生 横浜港ボーイズ – 2012年横浜DeNAベイスターズジュニア出身
藤田祐大 1年生 平塚リトルシニア
木村英介 1年生 横浜ヤング侍
浅見遼太郎 3年生 横浜ヤング侍
吉川雄真 3年生 綾瀬ボーイズ
大森巧夢 3年生 瀬谷リトルシニア
日下部亮斗 3年生 横浜旭峰ポニー
新井俊裕 3年生 世田谷西リトルシニア
中村秀寿 1年生 横浜港ボーイズ

横浜隼人メンバー2016出身中学林俊太郎グランド整備トンボ画像動画

神奈川屈指の選手が多く集まって印象です。
個人的には「地元の実力者の集い」というイメージが強いですね!

エース投手の林投手は身長194センチと超大型の選手です。
2年の秋からエースとしてチームをけん引し、最速Max140キロを誇ります。

スライダーが得意球の右のスリークウォーターということで、かなり打ちにくそうです・・・・。

伸びしろがあるため、この夏には最速はもっと伸びてる可能性がありますね。
隼人は2009年にエースの今岡投手が連投してたイメージが残っていますが、同じく連投型なのでしょうか?

まだドラフト候補というというわけではないみたいですが、身長の高さもあるので、この先も注目を浴びそうです。

横浜隼人のグランド整備のトンボがすごい!

グランド整備がうまいのは名門あるあるですが、
横浜隼人は、少しユニークなトンボのかけ方をします。

中腰で、かなりのスピードで、ゴシゴシかけるような感じ・・・。
練習試合とかでも、思わずカメラを向けらるような光景です。(実際にyoutubeにアップされてます)

トンボで魅せるということができるなんて、
まるでメジャーの整備員みたいで素敵です!

ディズニーランドの清掃員が、
おしゃれに掃除する姿なんか連想しちゃいますね。

実はテレビ番組「アメトーク」にて、
ある芸人さんが横浜隼人の部員のトンボかけに関して言及していたのです。

「隼人園芸」なんて言葉も誕生してしまうほどの芸術だそうです・・・笑

ちなみに腰を落としてトンボする意味は、
小さな小石が落ちてないか確認するためだそうです!

すごいですね。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です