横浜創学館(神奈川)野球部メンバーと監督。OBに秋山と二宮和也の・・?軟式も超強豪!

スポンサードリンク

横浜創学館(神奈川)野球部メンバーと監督。OBに秋山と二宮和也の・・?軟式も超強豪!神奈川の高校野球にて、
常に ベスト8に食い込む実力を持つ創学館。

スポーツ全般が強いイメージがありますが、
当然、創学館は野球部も強いです!

しかし、例年、甲子園に行けそうで行けない・・・、
向上・立花・相洋と比較すれば、
近年、頭一つ出た存在感を示しているのですが。

横浜創学館のメンバーと監督について調べてみました。

横浜創学館のメンバーと監督(2016)

小泉雅也 3年生 横浜金沢リトルシニア
露木竜太 3年生 小田原ボーイズ
川井啓徳 2年生 横須賀ファイターズ
枯木匠登 1年生 都筑中央ボーイズ
佐藤裕大 3年生 横須賀ボーイズ
大村亮河 1年生 横須賀リトルシニア
城ヶ峰智也 3年生 横須賀ボーイズ
松岡侑佑 3年生 鎌倉市立大船中
伊藤秀和 3年生 戸塚リトルシニア
山崎翔也 3年生 小田原ボーイズ
佐藤優 2年生 横須賀市立大津中
伊藤真基 2年生 戸塚リトルシニア
佐藤未来人 2年生 横浜南リトルシニア
永田颯 2年生 横浜瀬谷ボーイズ
藤枝翔 1年生 横浜東金沢リトルシニア
羽布津陽平 1年生 横須賀リトルシニア
新倉稜磨 3年生 神奈川綾瀬リトルシニア
島内光大 3年生 中本牧リトルシニア
角野快斗 3年生 横浜金沢リトルシニア
菊野康平 3年生 戸塚リトルシニア
関俊輔 2年生 湘南ボーイズ
波間涼貴 2年生 横浜東金沢リトルシニア
戸田涼太 2年生 保土ヶ谷リトルシニア
杉山諒太 2年生 横浜南ボーイズ

横浜創学館野球部メンバー監督森田誠一画像2016
みんな神奈川出身の選手で、
特に横浜近辺のシニア出身者がほとんど。

かなり、「地元中の地元」感がします。

みんな卒業しても、一緒に遊べそうで羨ましいです!笑

全部員でもっといると思いますが、
この中でベンチ入りを勝ち取るのは大変だと思います。

監督の森田誠一さんは元横浜高校の出身の方です。
昨年で勇退された渡辺監督の教え子ということで、遺伝子の強さを感じます。

現役時代から恩恵を受けてきた。バットやボールが揃い、環境が整っていた当時。「選手を思った監督の努力があったのかな」。部員には現在、不自由なく野球ができるありがたみを説いている。「渡辺監督の名前を使って強いチームと練習試合を組んでもらったとかね」とバツが悪そうに笑う。知らず知らず影響され「似た指導をしてるなって思う時がある」。そうして監督就任時の91年以降、”無名校”を神奈川上位に食い込む強豪校へ生まれ変わらせた。

甲子園が見えてきた頃には、手の届かなかった母校も絶対に勝つべき相手に。「強い母校であってほしい、でも渡辺元智という大きい壁を乗り越えない限り甲子園はない」。縁あって就任した創学館は奇しくも横浜と同じ金沢区。切符は一枚しかない。「宿命ですね」。最近は互いを意識してか練習試合も減った。「森田のとこはあと一歩と言われる」と苦笑い。「あとはうちを倒すだけだぞ、でも負けねえぞって思っているのかも」
引用:http://www.townnews.co.jp/0110/2015/07/09/290548.html

神奈川の野球の歴史は非常に感銘深いです。
相模の原さんから、横浜の渡辺さん、そしてライバルとして各校の監督が意識して・・・。

実は監督さんも個性派揃いなのが、神奈川の高校野球の魅力なのかもしれません。

スポンサードリンク



横浜創学館のOBに二宮和也(嵐)のはとこ。西武の秋山は有名!

横浜創学館は神奈川でこそ有名ですが、
全国的にはまだまだ無名校の部類です。

練習試合で交えてる県外の強豪の一部の方の中には、
横浜創学館のレベルの高さを知っている人は多いと思いますが・・・。

西武の秋山選手が2015年に年間最多安打記録を更新した際には、
「どこの出身校だ?」と調べて、「は、創学館?」と思った方も多いでしょう・・・笑

秋山選手は、今シーズン、31試合連続安打を記録するなど、チームの主軸として活躍しています。

秋山選手の父親の肇さんは病気のため40歳で亡くなっています。幼い頃、ソフトボールを教えてくれ、入退院を繰り返すようになっても、練習に付き合ってくれました。

2006年の夏の高校野球。大会前、墓前で「最後の夏。全力でプレーする」と誓いました。秋山選手は、腕を肩の高さまであげてバットを素直に振るスイングで活躍します。それは、亡き父に教わったいつも通りのスイングでした。惜しくも準々決勝で敗れますが、強豪がひしめく神奈川大会でノーシードながらベスト8に進む活躍でした。
引用元:http://withnews.jp/article/f0151001002qq000000000000000G0010501qq000012572A

当時にこんな美談があったなんて・・・、
2006年はハンカチ世代の大ブーム。

横浜創学館OB秋山軟式練習試合

高校野球は全国をくまなく見渡せば、
筋書きのないドラマがたくさんあります。

現在、秋山選手は家庭が複雑な親子を球場に招待しています。
その行為の根源には、創学館時代の父との思い出が強くあったからでしょう。

偉大でOBでありながらも、
何かささやかな感じが、
創学館のOBといった感じがします。

また、嵐で活躍する二宮くんのはとこが、
かつて創学館野球部に在籍し、大会で活躍してました。

横浜創学館二宮和也画像親戚はとこ成績進学プロ

「ニノ」が戦国神奈川に“嵐”を巻き起こす。横浜創学館が5番・二宮和也(かずや)右翼手(3年)の2安打
などで快勝。人気アイドルグループ嵐の二宮和也(かずなり)と同姓同名のはとこが、甲子園初出場に向け
4回戦に進んだ。センバツ王者の東海大相模は6回コールド勝ちで4回戦進出。岩手では、東日本大震災で
津波の甚大な被害を受けた釜石が、8回の集中打で一関学院に逆転勝ち。不屈の精神力で昨夏の代表校を撃破し、
16強入りした。
引用:http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20110718-OHT1T00311.htm

2011年とか、かなり最近ですね。
二宮さん自体は高校野球を課題にしたドラマ、
「弱くても勝てます」に出演し、その現場は主に神奈川でした。

神奈川の高校野球と、嵐のメンバーに強い関連性があるのは、女性ファンには嬉しいことですね!笑
また、創学館は軟式野球部も強く、
常に神奈川でベスト4に入る活躍を見せています!

なぜか創学館にはリア充なステータスが揃っているようで、羨ましいです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です