東海大相模野球部の新入生とメンバー(2016)。掲示板での練習試合。遠藤裕也の進路と現在

スポンサードリンク

東海大相模野球部の新入生とメンバー(2016)。掲示板での練習試合。遠藤裕也の進路と現在昨年、全国制覇を成し遂げた東海大相模高校野球部。
今年も甲子園に顔を出す確率が高いことで、現在からも注目してます。

大阪桐蔭高校が今年の新入生に、
全国の有望選手を集結させたことで話題になってますが、
東海大相模高校も、負けじと強力な新入生を迎えてます!

昨年の夏の甲子園は役者が揃った輝かしい大会となりました。

その大会の中でも、東海大相模の力は頭一つ抜けており、
「強すぎておもしろくない」というファンが登場するほどです。

東海大相模野球部新入生メンバー2016掲示板練習試合

横浜高校の渡辺監督が勇退した今、
神奈川からの無双高校は、
東海大相模が担うものだと思われます。

東海大相模野球部の新入生とメンバー(2016年)

赤○(沖縄/大矢ベースボールクラブ) 投手
140キロ左腕
小○(湘南クラブボーイズ/ボーイズJAPAN、鶴岡杯東日本選抜) 内野手
走好守揃った杉崎2世
渡○(埼玉/浦和リトルシニア/シニア関東選抜/ライオンズJr) 内野手
小学生時代から怪物として名を轟かせたスラッガー
山○(横浜青葉シニア) 内野手
全国選抜大会準優勝 3番セカンド
後○(東京/江戸川中央シニア) 内野手
全国リトルシニア選手権準優勝 1番セカンド
山○(戸塚シニア) 内野手
4番打者
引用:http://kokoyakyumatomesokuho.blog.jp/archives/56191252.html

昨年の秋の段階での話なので、
実際に今年に入部した選手は多少ズレがありそうです。
上記のリスト以上に強力な新入生を迎えてる可能性があります。

神奈川県内の有望な選手を多く新入生に迎えてます。

中学生の段階で140キロを放る投手も獲得・・・、
沖縄出身の選手ということで、かなり不気味です・・・笑。

鈴木海世投手とともに3年生以外の投手で、
140投げる投手が2人いることになります。

現在の段階で北村投手と山田投手の2枚看板が売りなので、
まだまだ本戦での経験は積めないと思いますが、
今年の秋から全国から名前を聞くダブルエースに育ってる予感がします。

スポンサードリンク



東海大相模野球部の掲示板と練習試合

今やどこの名門野球部にも、
掲示板のようなものが存在します。

東海大相模野球部にも当然あり、
そこには練習試合の結果などが書かれています。

2016年の春以降の練習試合を見てると、
3年、2年、1年と多くのピッチャーを起用。

経験という意味でかなり慎重に選手を出場させてる気がします。

注目の鈴木投手ですが、
すでに何試合か登板してます。

八王子に痛打されまくっていれば、
いなべ総合には0が並ぶ安定したピッチングを披露。

やはり強豪との練習試合には北村&山田投手の起用が多く、
まだまだ第一線で信頼されているわけではないです。

色々と試行錯誤を繰り返す時期だと思うのですが、
今から2か月後には夏の大会も始まっている・・・。

東海大相模野球部遠藤裕也進路現在東海大学退部退学中退

高校野球は本当に時間との戦いだなと思います。
レギュラー争いって、本当に酷です。

東海大相にいた遠藤裕也の進路と現在

過去にも多くのスラッガーを排出されている東海大相模野球部ですが、
2013年に在籍していた遠藤裕也選手も記憶に新しいです。

遠藤裕也選手は高校通算45本塁打に加え、
50メートル6秒台、遠投100メートルと、
その身体能力の高さも含め、プロドラフト注目の選手でした。

プロ志願書を提出しましたが、
ドラフトにはかからず・・・、
結果、東海大学に進学しました。

しかし、現在東海大の名簿には遠藤選手の名前はありません。
1年生からスタメンで起用され、活躍していたにもかかわらず・・・。

2014年にはBCリーグからドラフト1位指名され、
その当時で建設現場での解体の仕事に明け暮れていると紹介されました。

東海大学では1年の途中で退部し、
理由は部の雰囲気に馴染めなかったという。

2年以内でプロになれなければ、
野球を諦めると語っていました。

しかし、その後に遠藤選手は、
BCリーグへの入団を辞退・・・。

一体、何があったんでしょうか?

現在にして年齢は21歳と、
今の大学3年生と変わりません。

まだまだ野球を諦めないで欲しいですね・・・。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です