藤平尚真(横浜高校)の進路は?球速と身長。2016年の野球部新入生の万波中正(1年生)

スポンサードリンク

藤平尚真(横浜高校)の進路は?球速と身長。2016年の野球部新入生の万波中正(1年生)今年2016年の横浜高校野球部のエース・藤平尚真投手。
神奈川の強豪・横浜高校の主力選手として、今年の高校野球を盛り上げそうです!

横浜高校は昨年に長年、名将として知られた渡辺監督が退任し、
今年からは新体制として夏の大会に挑みます。

小倉コーチに渡辺監督の退任と、
これまでの横浜高校と違う戦いが強いれます・・・。

それでも横浜高校を志す、
シニア・ボーイズの新入生は多くいるので、
東海大相模に時代をさらわれないように、
藤平尚真投手筆頭に、渡辺監督の息のかかった選手たちが

甲子園までに大きく飛躍し、
次の世代に横浜ブランドをバトンタッチしなければいけません!

藤平尚真の進路は?

藤平尚真投手は現在までにプロ注目と言われながらも、
なかなかプロスカウトの具体的な評価は確信できません。

藤平尚真横浜高校進路球速身長動画

まだ時期が春先ということもあるので、
藤平尚真投手に対するプロの関心も、
まだまだ決定的ではないでしょう。

しかし、2016年の夏の大会が始まれば、
藤平尚真投手が神奈川大会を席巻するのは間違いなし!

きっと、秋にプロ志願書を提出すれば、
いつでもドラフト指名される状況になっていることでしょう。

実際に藤平尚真投手がプロ志望なのか、
大学への進学を考えているのか、
この先の進路はまだまだ未知数です。

久しぶりに高校からプロに入って、
球界を沸かせる横浜出身の選手が登場して欲しい限りです・・・。

なので、甲子園で大暴れでもすれば、
進路は大学ではなくてプロの世界であって欲しいです。

スポンサードリンク



藤平尚真の球速と身長

藤平尚真投手の強みというば、
球速Max151キロにもなる直球と、
186センチにもなる身長です。

ガチの本格派投手として、
ある意味で、昨年の相模の小笠原投手以上の話題になりそうです!

出身中学は富津市立大貫中学で、
中学時代は千葉リトルシニアにいたそうです。

かつてはU-15に選抜されるほどの実力の持ち主なので、
このまま野球のエリート街頭を突っ走って欲しいです!

4月24日の東海大相模戦では、
先発してマウンドに上がり、勝利に貢献
昨年の夏の決勝のリベンジに成功しました。

昨年の全国覇者を倒したということで、
今年の藤平尚真投手にブレイクは、
ほぼ確信的なものとなりました。

横浜高校野球部の2016年の新入生「万波」

毎年、かなりのクオリティの新入生を得る横浜高校ですが、
今年2016年の新入部員にも、怪物級のスター選手が入ったそうです。

スーパー1年生の呼び声高い新入生は万波選手です。
この春先の大会でスタメンをゲットし、ヒットを連発してるようです。

万波中正選手は身長188センチと、
昨年話題になった清宮選手以上にビッグ・・・。

外野手ですが、投手としても138キロを計測し、
テレビでは「第二のオコエ」として紹介されました。

最高飛距離は140メートルを超えているという、
またまたスイングスピードは154キロを計測・・・
とにかく、ありえないスーパー1年生です。

清宮選手とオコエ選手の良い部分を足したような感じですかね?

今年の横浜高校・・・やばそうです。

昨年の小笠原投手ばりの藤平投手と、
清宮ばりの万波選手と・・・、

甲子園に出場すれば、話題独占間違いなしです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です