海星高校が春田と土谷の継投で敦賀気比破り8強!加藤慶二監督と甲子園メンバーの出身中学(2016年センバツ)

スポンサードリンク

海星高校が春田と土谷の継投で敦賀気比破り8強!加藤慶二監督と甲子園メンバーの出身中学(2016年センバツ)昨日の海星高校の敦賀気比への勝利は、
木更津総合が大阪桐蔭を破った試合と並び、
この2016年センバツ大会の「番狂わせ」な結果となりました。

投手力がモノを言う春センバツの中で、
プロ注目のエース・山崎投手を相手に、
最後の最後まで我慢、我慢の戦いを制しました。

海星高校のエースの春田剛志投手も良い投手ですが、
左肘の痛みが気になりながらも、本調子でなかったのです。

二番手投手・土谷一志投手の継投で得点を最後まで守りぬき、
春選抜ベスト8まで食い込んできました。

海星高校の春田剛志と土谷一志の2枚看板。敦賀気日を破る番狂わせ!

海星高校敦賀気比ベスト8高松商業土谷先発

優勝候補筆頭であった敦賀気日は打線も強力です。
事実、二番手としてマウンドに上がった土谷投手は、1本塁打を浴びてます。

いつ逆転されるかわからない状況で、
リラックスし、落ち着いた継投を見せました。

普通のメンタルで言ったら、1本浴びた後に崩れるもの。

短い時間の中で切り替えて投げ抜いた、その気持ちの強さが最高でした!

しかし、今後のベスト4を賭けた戦いでは、
エースの春田投手が本調子でないのは痛いです・・・。
もう大会も後半で休みもなく、連投が強いれます。

この選抜大会で海星高校が優勝、ベスト4を狙うには、
2枚看板の土谷投手の存在が鍵になりそうです。

大きな勝利を収めた後のチームは不思議な流れにノリます。

過去、甲子園で優勝を果たした高校の幾つかも、
準準決勝あたりで優勝候補を撃退しての流れが多いです。

まだまだわからないですが、優勝への期待も膨らみます!

スポンサードリンク



海星高校野球部の加藤慶二監督

海星高校の野球部を強くした加藤監督。
2001年から監督に就任し、1年後にはいきなり甲子園出場!

しかし、それ以降に謹慎になってしまった時期もあり、
監督人生は順風満帆ではなかったのです。
県内で伝統のある名門だっただけに、多くの批判がありました。
それでも、監督を辞めずに、同校の野球部を何度も甲子園へ導き、結果で納得させました。

今回のベスト8入りだって、県内の方は多いに喜んでいることでしょう。
ちなみに大会前の加藤監督は「まずは甲子園で1勝して、できればベスト8に入りたい」と、
大会前のコメントを実現させたということになります。

海星高校野球部加藤慶二監督甲子園メンバーセンバツ出身中学2016

有言実行で結果で引っ張れる監督なんて素敵ですね!

また、昨日の試合が終わった後には、
「日本一のチームからひっくり返されるのを覚悟していた。まだ勝った実感がない。明日(先発投手を)どうしようかと思ってるところです」
と謙虚なコメントをしてます。

エースの肘の痛みに対して、どのような起用をするのか、
ベスト4を賭けた戦いは、加藤監督の起用方法にも期待したいです。

海星高校野球部の甲子園メンバーの出身中学(2016年センバツ)

1.春田剛志 投3年(海星中)
2.田川賢汰 捕3年(長崎市 西浦上中)
3.永石拓武 一3年(海星中)
4.坂本博康 二3年(長崎市 西浦上中)
5.小川大夢 左3年(長崎市 土井首中)
6.島原勇樹 三3年(諫早市 喜々津中)
7.小畑翔大 右3年(壱岐市 石田中)
8.服部貫大 中3年(海星中)
9.坂田航  外3年(海星中)
10.土谷一志 投3年(壱岐市 郷ノ浦中)
11.間悠亮  投3年(長崎市 西浦上中)
12.畑将太郎 外3年(海星中)
13.松村逸人 外3年(海星中)
14.宮本文徳 内3年(松浦市 今福中)
15.中山昌也 外3年(海星中)
16.山口拓紀 遊2年(海星中)
17.飯田大翔 投手2年(海星中)
18.広森悠透 投手2年(海星中)
海星中学から上がってきた選手が多いですね。

まるで神奈川の慶応の選手の経歴に似てます!

2年生はわずか3人で、レギュラーは全員3年生です。

ほとんどが長崎出身で、さらには10人が長崎海星シニア出身です。
この長崎海星シニアは九州でも名門で有名なチームです。

福岡出身の選手でも長崎海星シニア出身の選手がいますが、これは通っていたという意味ですかね?

県内の野球エリートが、ドンと舞い込んできたようなイメージです。
本来なら、関東や大阪あたりにもこのような強豪が1校はあってもロマンですが・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です