木更津総合の早川隆久の球速Maxと変化球(出身中学)。大阪桐蔭を破り優勝候補へ!

スポンサードリンク

木更津総合の早川隆久の球速Maxと変化球(出身中学)。大阪桐蔭を破り優勝候補へ!今日、大阪桐蔭を破った木更津総合。
優勝候補の撃破に、千葉県民は大喜びです!

この先の対戦を予想すると、
本格派左腕・早川を抱える木更津総合は、
今後、優勝候補の本命とも言える位置づけです。

強打の大阪桐蔭打線を相手に、
早川投手は投手戦を制しました。

東邦が負けて甲子園が去り、
まさかの番狂わせが2試合も続き、
今度の展開には大きなドラマが待ってそうです。

早川隆久(木更津総合)の球速Maxと変化球。出身中学は?

木更津総合早川隆久球速Max変化球出身中学ソフト軟式

大会前からプロ注目投手であった早川投手ですが、
今大会の中で一際、輝きが増してます!

大会の中で人気が増してきてる印象で、
ツイッターなどでも、早川投手の投球を絶賛する声が多いです。

今日の大阪桐蔭戦では相手エースの高山投手との投手戦が予想されており、
ここの予測は、高山投手に軍配が上がると思われていました。

キレのストレートは最速144キロですが、
それよりも、2種類のスライダーの緩急が素晴らしく、
大阪桐蔭打線も、なかなか均衡が破れませんでした。

度胸満点にガンガン投げ込む早川選手の姿は、
まさに下克上に向かう侍のような様。
強豪をなぎ倒す、スーパーエースというのが、甲子園の醍醐味です。

木更津総合自体は、昨年の秋の大会で大阪桐蔭に敗れていたので、
このリベンジ劇的な勝利は、早川投手だけでなく、チーム全体に良い流れを呼び込むでしょう!

スポンサードリンク



早川隆久(木更津総合)の出身中学

早川投手は地元・千葉出身の選手です。
小学生の頃はソフトをやっていたそうで、肩の強さはそこで培われたのでしょう。

上堺小学校から横芝中学校に進学すると、
今度は軟式野球で、野球キャリアをスタートさせました。

ソフトー軟式という流れがビックリですね・・ドラフト候補であった。
個人的には、中学時代もシニアかボーイズの超エリート選手だと思っていました。

また身長178センチ体重72キロはバランスが良く、
投球フォームもスーッとした印象で美しいです。

木更津総合大阪桐蔭優勝候補今後注目早川隆久

変に肘などを痛めないで、夏までに進化を続ければ、
大阪桐蔭の高山投手を超える話題選手に化けることでしょう。

小学生の頃に一緒にソフトをしていた方や、
中学で一緒に軟式部にいた方など、

今、甲子園で大活躍してる早川選手のことを思うと、
大変、誇らしく思うでしょうね!

早川隆久率いる木更津総合が優勝候補筆頭に?大阪桐蔭を破った底力

大阪桐蔭に勝利した快挙は、きっと地元でも大きく報じられ、
連日、木更津総合を追うメディアが増えると思います。

木更津総合の次の試合は28日。
相手は、明日の南陽工業と秀岳館の勝者です。

サイン盗み疑惑でダークなイメージがついた秀岳館が相手ならば、
試合を見る人が増えるので、そこかなりの知名度をゲットしそうです。

春センバツは投手力がモノを言うと言われているので、
高山投手との投手戦を制して木更津総合は、
今後、今大会の大本命として、観客から熱い視線をもらいます。

エースの早川投手と共に、甲子園のスターが誕生しそうな予感です。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です