南陽工業の野球部の甲子園メンバー(選抜2016年)。伝説のエース・津田恒実

スポンサードリンク

南陽工業の野球部の甲子園メンバー(選抜2016年)。伝説のエース・津田恒実今年の2016年の選抜の山口代表は南陽工業です。
注目選手は藤本大輔選手ですね、強肩強打の魅力ある捕手です。

南陽工業は公立高校というだけあって、全員が山口出身!
山口代表の快進撃があれば、とてもドラマなのですが・・・。

かつては阪神に所属する岩本輝投手が所属していた時代に、(2009年)
チームはベスト8まで進出しました。

工業高校の逆進というのは、見ていて神秘的な気分になります。
ぜひ、今日甲子園で初戦を突破して欲しいです。

南陽工業の野球部甲子園メンバー(2016年選抜)と出身中学

南陽工業野球部メンバー出身中学選抜甲子園2016

1   重冨将希    末武中学
2   藤本大輔    鹿野中学
3   近間一樹    華陽中学
4   吉井虎太郎   桜田中学 周南ボーイズ
5   山口勇太    福川中学
6   山崎大輔    岐陽中学
7   佐藤航     富田中学 光マリンスターズ
8   家入龍生(2年)     柳井中学
9   笹部航介    彦島中学 下関シニア
10    中野高利(2年)     住吉中学
11    森翔希(2年)      平川中学
12    竹林輝(2年)      東部中学 下関マリナーズ
13    福山貴秀(2年)     岐陽中学
14    富永和輝    秋月中学 山口東シニア
15    寳木克樹(2年)     富田中学
16    仲野凛平    周陽中学
17    宮木敦史    富田中学
18    吉永廉     華陽中学

エースの重冨将希投手は最速球速Maxで140キロを超えます。
バッティングもよく、投げて打って南陽工業の看板選手です!

地元の選手だけで中国準優勝、監督も誇らしでしょうね。

スポンサードリンク



南陽工業の伝説のエース・津田恒実

南陽工業は1978年の選抜大会に出場した際、
まさかのベスト8まで進出してます。

また夏も甲子園に出場し、2回戦まで戦いました。

その時代のエースが、あの「一球入魂」の座右の銘を流行らせた、
「津田恒実」さんです!

南陽工業時代津田恒実画像甲子園

南陽工業時代は1年生からエースとして活躍し、
今や、同校の伝説的OB選手となっています。

地元では命日7月20日に野球交流会が開かれるほど、
津田さんは地元で英雄視されています。

「甲子園に行けば人生が変わる」と言いますが、
正直、山口県のような、地元愛の強い地域であれば本物ですね。

「弱みは最大の敵」という言葉も津田さんですね・・・

投手としての精神的な考えの根本は、
津田さんだけを見ても学べます。
実は、津田さんは南陽工業時代は精神的に弱い部分があり、
当時の監督に精神安定材などを渡されていたそうです。

弱い自分と戦って努力した結果、
あのようなプロ野球人生が送れたのでしょう。

南陽工業ナインは、津田先輩に負けない、強気のプレーを見せて欲しいです!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です