済美高校野球部の選抜(センバツ2016)落選。二塁走者のサイン盗みの記事と関連してるのか?

スポンサードリンク

済美高校野球部の選抜(センバツ2016)落選。二塁走者のサイン盗みの記事と関連してるのか?愛媛が誇る名門の済美高校野球部。

これまでにも、
甲子園で劇的な熱戦を繰り広げ、
甲子園に顔を出せば注目カードとして話題を呼びます。

そんな済美高校は、
今年2016年の春のセンバツ大会でも、
出場校候補として注目を集めてました。

済美高校野球部選抜センバツ落選理由2016

しかし、結果は落選・・・。

実は済美高校が落選した理由に、
ある1つの理由が噂されているのです。

秋の四国大会・高知商戦にて球審から済美側のランナーに注意?

それは昨年の10月下旬に行われた、
「第68回秋季四国地区高校野球大会」での出来事。

済美高校は高知の高知商業高校との試合です。

6回の裏、3−1で済美がリードしてる場面での攻撃。

ノーアウト1・2塁の場面で、打者はバンドの構え。

駄目押しでリードを広げたい済美は、
バンドでチャンスを広げて、
固くも追加点が欲しい場面だったでしょう。

バンドの構えの打者に対して1球、2球と投げ、
ボールが先行して、カウント2ボール0ストライク。

3球目に打者はようやくバンドしますが、これはファール。

この直後です。
4球目に入る前に、球審がタイムをかけて、
何やら済美の2塁ランナーの方に走り、声をかけてます。

そして、その次は済美側のベンチに向けって、
また何か声をかけています。

この時、試合の解説者は、
「おそらく」「もしかしたら」
「想像ですけど」と言いながら、

済美のランナーに、
紛らわしい動きがあったのかもしれないと、

「サイン盗み」とまでは言わなくても、
それを匂わす仮説を予想してました。

ハッキリと確定したわけではないので、
この時は、そこまで大きな話題にはなりませんでした。

しかし、今年2016年に入って、
1月の下旬に選抜の出場校が発表されると、
某大手スポーツ紙から、某試合でルール違反に触れるプレーがあったことが、
選考基準の中で、悪く影響を与えたことがあったと報じました。

スポンサードリンク



「サイン盗み」は行われたのか?確定するのはかわいそう・・だがしかし!

201年の1月29日のサンスポの記事の中で、
「ルールに反する行為」という見出しと「選考委員長」のキーワードは並びました。

記事の中身では選抜の選考に関わる方からの言葉で、
「残念なことですが、大会中に二塁走者の紛らわしい行為があり、球審から注意された試合がありました」
という内容でした。

済美高校野球部サイン盗み選考基準ルール違反

今回2016年の選抜の出場校の選考の段階で、
そのルール違反が、選考基準に影響を与えたことを意味していました。

しかし、記事の中では匿名的な書き方をしていたため、
必ずしも、済美高であったとは断定できません!

あくまで教育の一環である高校野球として、
変に悪者を作っても仕方ないのでしょう。

匿名で言及するというのは、選考側の愛情と捉えて良いですね・・・。

かつては花巻東も同じくサイン盗みの疑惑がかけられていました。
当時、高校野球ファンからは賛否両論の意見が飛び交い、
「昔は皆やってた」「暗黙の了解じゃないの?」と、
プロの選手であったも、やるときはやると、球児をフォローする言葉が並びました。

2009年のWBCでは城島捕手が相手のキューバが、
ベンチからコースを教える行為に気づき、
試合の中で松坂投手と対策を行い、結果勝利したことがありました。

将来、日本の選手が海外やいろんなリーグで戦う中で、
サインを盗まれる行為に対して、何かと対策が行えるスキルも必要なのかな・・と思います。

城島選手は、高校球児だった時代に経験してるでしょうし、
松坂投手もかの有名なPL戦でも経験してます。(こちらはサインではなく捕手の癖)

グローバルに日本の選手が世界の野球と戦おうと思った時に、
サインやクセを盗まれる中での成長も必要だと思います。

確かに、健全であるべき高校野球では・・という考えもわかりますが・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. KKTTT より:

    バンドってなんだよ。
    バントだろ笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です