和歌山東高校が選抜21世紀推推薦と辞退。理由となった野球部の不祥事とは?米原監督が鍛えた夢

スポンサードリンク

和歌山東高校が選抜21世紀推推薦と辞退。理由となった野球部の不祥事とは?米原監督が鍛えた夢来年の2016年い開催される第88回の選抜高校野球。
21世紀枠での推薦候補はすでに9校挙げられており、今後の発表が待たれています。
その中で和歌山東高校は21世紀枠推薦でしたが、「不祥事」を理由に辞退することとなりました。

和歌山東野球部21世紀枠辞退不祥事

真っ白な野球部の歴史に、
「甲子園」という輝かしい夢が見えた矢先。

この野球部の辞退は選手だけでなく、
OBなどの多くの関係者が肩を落としたことでしょう。

しかし、和歌山東高校野球部での不祥事とは、
具体的にはどのようなことだったのでしょうか?

和歌山東高校野球部の不祥事とは?21世紀枠推薦。辞退するほどの理由なのか?

今回、和歌山東高校野球部が犯した不祥事というのは、
監督が練習以外のところ(私生活)で、
部員の生徒を2回ほど叩いたということです・・・。

・・・え、普通じゃないの?
と言いたくなりますが、

この話が変に回るというのは、
信頼関係で穴があったのでしょう。

ただ、候補からすでに外れた段階だったというのが、
不幸中の幸いだったのかもしれません。

スポンサードリンク



和歌山東野球部は米原監督のたたき上げチーム

実は、和歌山東野球部はまだまだ歴史の浅いチームなのです。
軟式から硬式に変わったばかり、監督である米原監督の徹底した指導があってこそ、
21世紀枠の候補にまで導かれたのです。

米原監督が就任したばかりの頃の野球部は、
部員の意識が低く、部員の数自体も少ない・・・、
大会初得点から初勝利まで、監督の努力で実現していってたのです。

和歌山東野球部米原監督

基本的なミーティングから、
野球部の内部から鍛えていった結果、
和歌山東野球部は、県内で注目されるほどのチームに育ったのです。

今回の不祥事のことを考えると、
力のある指導者が、指導面で何かセーブしないといけないことが、
勿体無くも、もどかしい気持ちにさせられます。

今年、横浜高校の監督を勇退した渡辺監督の過去のエピソードを見ても、
今後、弱小野球部を強くするドラマの実現は、現代の常識の中では難しいなと・・・。

個人的には今後も米原監督が、和歌山東を甲子園に導く姿を希望として持ちたいです。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です