悲劇のエース・丹波慎也(横浜高校)。上地雄輔が憧れた男。渡辺監督は彼の写真を大事に持ち歩いていた・・・。

スポンサードリンク

悲劇のエース・丹波慎也(横浜高校)。上地雄輔が憧れた男。渡辺監督は彼の写真を大事に持ち歩いていた・・・。横浜高校といえば、今年で長年「名将」として全国に知られた渡辺元智監督が退任したことで話題になりました。
今年の横浜高校は神奈川県大会の決勝で、東海大相模に破れますが、夏のあとの大会では大勝でリベンジを成し遂げました。

今後も横浜高校を語る上で渡辺元智さんの存在は大きく、
それと共に1998年の春夏連覇した松坂時代も記憶され続けることでしょう。

しかし、渡辺元智さんいわく、
そんな松坂選手以上の逸材が、
かつて横浜高校に在籍していたというのです。

その名は「丹波慎也」です。

悲劇のエース「丹波慎也」

コアな高校野球ファンであれば、
一度は丹波慎也さんの名前を聞いたことがあるでしょう。

丹波慎也さんは松坂大輔選手の2歳上の学年の方だったようです。

丹波慎也横浜高校松坂上地雄輔
1年生から背番号「11」を背負い、投手としての素質は、渡辺監督いわく松坂選手以上だったようです。

しかし、丹波慎也さんはある日の練習後に、自宅で寝ているところ、急心不全で亡くなってしまったようです。

渡辺監督は、「もしかしたら自分の指導が・・」と自分を責めたそうですが、本来の原因はまた違うところでしょう。

このときのこともあり丹波慎也さんは、
「悲劇のエース」と呼ばれるようになり、
この選手が渡辺監督の転機となったそうです。

選手の体調や、痛い場所への配慮を、
これまで以上に徹底していったようです。

スポンサードリンク



丹波慎也は上地雄輔が横浜高校入りを決めた憧れの人

丹波慎也さんのことは、芸能人として活躍している元横浜高校野球部の上地雄輔さんもブログで語っています。

上地雄輔さんは、中学生の頃にテレビで横浜高校にて背番号11番を背負う、当時一年生投手であった丹波慎也さんの姿をみて、憧れ、横浜高校への進学を決めたそうです。

丹波慎也悲劇のエース写真

丹波慎也さんは野球の才能がずば抜けているだけでなく、
顔もイケメンで、勉強も完璧。

入学した後も、上地さんは丹波慎也さんにべったりだったそうです。
さらに丹波慎也さんは投手、上地さんは捕手ということで、
よく一緒に練習し、周囲からは兄弟のようだと言われていたようです。

しかし、2年生の春の甲子園の予選で、
4番エースで横浜高校をノーヒットノーランで勝利に導いた、
その2日後に、丹波慎也さんは亡くなってしまったそうです。

そのときの甲子園大会では、横浜高校は背番号「1」を欠番にして挑んだようです。

全国的に強豪な横浜高校にて、これまでに多くに影響を与えた選手がいたなんて、不思議ですね・・・・。

渡辺監督は丹波慎也の写真を持ち歩いていた

渡辺元智監督、それ以降、
丹波慎也さんの写真を肌身離さず持ち歩いたそうです。

今でもインパクト抜群な、優秀な生徒・・・・。
かけがえなのない生徒をなくし、一時期は監督の辞任も考えていたそうです。

それ以降に、丹波慎也さん以上ん逸材の選手には出会わなかったそうです。

そう考えると、その時代以降の横浜高校の見方も少し変わってきますね。勝利至上主義ながらも、そこには深い思いが重なっているのでしょう・・・。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    欠番にしたのは関東大会まで。流石に甲子園では松井が1番つけてたよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です