中学時代からの大物・鈴木海世。東海大相模がしばらく安泰の理由

スポンサードリンク

中学時代からの大物・鈴木海世。東海大相模がしばらく安泰の理由今年の東海大相模は小笠原&吉田のコンビで全国制覇。
来年のチームでは山田&北村のコンビで秋優勝に王手。

鈴木海世出身中学

そして、再来年は?・・・というところで、
相模の1年生投手が気になりますね?

います、います、天才投手が!
その名は「鈴木海世」君です。

中学野球の大物の鈴木海世。東海大入学時点でスポーツ紙に登場していた!

神奈川の名門であって、今年の全国覇者の東海大相模ですが、
途切れることなく、例年素晴らしい素材の選手が入部してます。

今の1年生では、かつて中学No. 1とまで言われた投手がいます。

鈴木海世投手で、中学時点で140キロを投げ、
身長180センチ体重75キロと、すでに高校級で戦える体は出来上がってます。

今年は偉大すぎる先輩の小笠原投手と吉田投手から、
これ以上ない刺激を受けていたことでしょう・・・。

スポンサードリンク



鈴木海世は出身中学「東海大翔陵中」からの超大物選手!

鈴木海世さんは静岡出身で、出身中学は東海大翔陵中です。

静岡県の中でも東海大翔陵は野球部が強いですが、
鈴木海世さんは、地元ではなく、
神奈川の東海大相模に進学しました。

中学時代の鈴木海世さんは、
軟式ながらも140キロの球速を記録。

さらに、全国大会では完全試合・ノーヒットノーランを達成!
当時から、全国の強豪から誘いがきたと思います・・・。

きっと、当時(といっても2014年)の東海大相模の140キロカルテットを見て、
東海大相模でエースを背負うことの大きさに憧れたのでしょう。(予想)

鈴木海世球速変化球

鈴木海世さんの入学時には、スポーツメディアも反応。
そのときのインタビューでは、150キロを投げることを目標にしてました。

また、当時からドラフトを意識したコメントしており、
2年後のドラフト指名を視野にいれた選手で、
この先エースとして活躍すれば、間違いなくプロ志願書を提出することでしょう。

勉強になる先輩方に囲まれて、今の鈴木海世さんは幸せでしょう。
特に小笠原&吉田コンビは、鈴木海世さんの目標である、
「150キロ」を達成し、これから「ドラフト指名」が期待されます。

3年生になるまでに、実力はもちろん、
気持ちの面でも、全国のどの投手にも負けない選手になってほしいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です