新体制の東海大相模は山田啓太と北村朋也のWエース?出身中学と球速と身長

スポンサードリンク

新体制の東海大相模は山田啓太と北村朋也のWエース?出身中学と球速と身長夏の甲子園では小笠原投手と吉田投手の二本柱で全国制覇を果たした東海大相模ですが、
現在行われている神奈川大会でも、連日のコールド勝利をおさめ、来季の躍動も期待できます。

山田啓太東海大相模

来年2016年の東海大相模のエースには、
現在、二年生の山田啓太投手が就くと言われてますが、

また、ノーヒッターを達成した北村朋也投手と共に、
「実質ダブルエース」としての体制のが正しいと言われてます。

北村朋也佐野ボーイズ

今年の甲子園ではプロ注目の吉田凌さんと小笠原さんの二枚看板が脅威でしたが、
来年も再び二枚看板で挑むと考えると、ここ最近の東海大相模の投手力は全国でもズバ抜けてます。
(昨年は140カルテットを誇りました)

北村朋也と山田啓太の出身中学とシニア

全国から有望な選手は集まる東海大相模ですが、
今年のエース・小笠原投手は神奈川出身で、吉田投手は兵庫出身の選手でした。

そして、次期ダブルエースの山田啓太投手は神奈川出身で、
北村朋也投手は栃木出身の選手のようです。

主力選手の出身地に神奈川があることは、
辛うじて嬉しいことです!

山田啓太身長球速

北村朋也さんは栃木の足利市が地元で、
出身中学は愛宕台中で佐野ボーイズに所属していたそうです。

神奈川が地元の山田啓太投手は横浜が地元の都会っ子です。
出身中学は瀬谷中学校で、横浜青葉リトルシニアに所属していたようです。

2人とも、中学時代から評判の投手で、
東海大相模でダブルエースを組む将来が楽しみです。

スポンサードリンク



球速の速さはもはや東海大の伝統?山田啓太と北村朋也の身長と球速。

山田啓太投手はわずか身長169センチ63キロという体ですが、
130キロを超える直球と、大きなカーブで緩急自在なピッチングを持ち味にしてます。
門馬監督には、春に育成の目的でマウンドを任されてました。相当期待されているのでしょう。

一方の北村朋也投手は182センチの身長からMAX146キロのストレートを投げ、
スライダー、フォークと、多彩な揺さぶりが可能な投手です。

北村朋也東海大学球速身長

今年の相模は小笠原投手と吉田投手が看板でしたが、
実は北村朋也さんとのトリオで予選&甲子園を勝ち抜いてたのです。

北村朋也さんは夏の時点で横浜ベイスターズのスカウトから絶賛のコメントをもらっており、
門馬監督も「伸びてもらわないと困る」と言及。

さらに、夏制覇後の秋の大会では6回(コールド)でのノーヒッターを達成。
来年の甲子園では、間違いなく注目される投手のなることでしょう。
ただ、背番号は現時点で「10番」なので、今年のようにエースに埋もれるかも?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です