U18日本代表のオコエ瑠偉と清宮のコンビ!ドラフト1位確実コンビが仲良く大活躍。(ブラジル戦)

スポンサードリンク

U18日本代表のオコエ瑠偉と清宮のコンビ!ドラフト1位確実コンビが仲良く大活躍。(ブラジル戦)ついに今日開幕したU18日本代表の初優勝に向けての出陣
今年は甲子園が高視聴率で盛り上がっただけに、
その初優勝に向けての日本国民の期待は高まっています。

u18日本代表オコエ瑠偉清宮幸太郎仲良い

今日の日本代表の初戦はブラジルでした。
ブラジルでもここ近年、野球の認知度が少しづつ向上。

ブラジル代表の選手の名前を見ると、日本的な名前が多いのが嬉しいです。

日本で野球を学んだ人がブラジルで野球を伝えてるんだなと思うと、
不思議な気持ちになります。

そんなブラジル戦ですが、14−0で日本代表が7回コールドで圧勝しました。
日本の先発は中京大中京の上野投手で、ブラジル打線を完璧に封じ込めてました。

U-18のオコエ瑠偉と清宮の夢コンビ!ドラフト1位の逸材は本物!

打線は1番のオコエ瑠偉と、4番の清宮幸太郎のコンビが大爆発しました。
プロの塁間記録の俊足の基準を大幅上回る怪物オコエは、今日も好調に快速を飛ばしてました。

オコエ選手が打席に入っただけで異様な雰囲気。
これまでに、高校野球でここまで雰囲気を持った1番バッターいましたかね?笑

u18日本代表清宮成績画像

さらに4番に入った清宮選手も得点に絡む活躍で、
最終的に14得点を掴んだ日本打線の要となりました。

また投手として登録されたとうに思えた東海大菅生の勝俣選手も、
ランナーを大量に返す長打で、この試合一番目立っていました。

スポンサードリンク



ドラフトに向けてオコエ瑠偉。プロ志願書は提出?

今年の夏の甲子園が終わった時点で、
オコエ瑠偉選手は口上でプロ行きを宣言してました。

しかし、プロ志願書の提出はまだわかりません。

甲子園で東海大相模に敗れた直後のインタビューでは、

「プロが第1希望です。プロに行っても走攻守、
すべてトップレベルの選手を目指したい。
自分がチームを引っ張って行けるよう頑張りたい」

と心強いコメントを残してます。

u18オコエ瑠偉成績画像

ここまでくれば、オコエ瑠偉さんの志願書の提出は間違いないと思いますが、
どこの球団にマッチするのか?

外野手が激戦区の日本ハムなどに行けば、出場機会は減るでしょうし、
好打者が多い西武に行けば、打撃面で1軍に選ばれることは・・・

まだまだ未知数な選手ですが、
やはり、1年目から見てみたというのが、
わがままな野球ファンの本音だったりします。

個人的には、横浜で筒香選手とともに名コンビを組むなんて良いかなと。
横浜であれば1年目からも出場機会はありそうですし、すぐにチームの中心選手になれることでしょう!

2年後の清宮選手のドラフトも楽しみですが、
今、共に同じチームで戦うU-18は、贅沢な時間なのかもしれませんね。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です