九州国際大付の4番山本武白志の父親は元巨人の4番山本功児!野球部の出身中学は?

スポンサードリンク

九州国際大付の4番山本武白志の父親は元巨人の4番山本功児!野球部の出身中学は?九州国際大付野球部といえば、地区予選で、
伝令がそのままマウンドに上がり
そのまま勝利投手になってしまったエピソードで話題になりました。

その話題のユニークすぎるのか、
プロドラフト注目の4番山本選手が、
思っていたほど、メディアに登場していません・・・笑。

九州国際大付山本武白志父

九州国際大付の4番を打つ山本武白志選手は、
身長188センチの大会屈指の長身に加えて、
最高130mのホームランを放った、
超強打の右打ち三塁手なのです!

すでの、プロスカウトから生の声を頂いており、
今年のオフのドラフトでも注目される逸材なのです。

そして、山本選手の父親は、
かつて巨人で4番も務めた、
元プロ野球選手の「山本功児」さんなのです。

山本選手の父親「山本功児」さんはどんな選手だったのか?

九州国際大付の山本選手の父親が、
元プロ野球選手の山本功児さんというのは、
今年の夏の福岡地区予選の段階で有名でした。

山本功児さんは球児時代に三田高校にて甲子園に出場
高校を卒業後にはドラフト会議にて3位で南海に指名されましたが拒否

大学野球の名門「法政大学」に進学すると、
4年間通算で2度のベストナイン数回もの優勝を経験し、
日米野球選手権にも選出されました。

大学を卒業すると社会人野球を3チームを転々とし、
いずれも大活躍し、ドラフト5位で巨人に指名されました。

巨人では一塁手に王さん、のちに中畑さんと、
超強力なライバルがいるも、レギュラーにはなれず、
しかし、何度が先発出場した際には、巨人の4番を任されました。

九州国際大付山本父親功児

あの時代の巨人って、ファーストの人材が豊か過ぎたんですよね・・・。
先発で出れたとしたら4番とか、すごいようで勿体無いです。

トレードでロッテに移籍した後には2度のゴールデングラブを獲得、
レギュラーシーズンで3割を記録するなど、ロッテの好選手として活躍しました。

その後に、お世話になったロッテ・巨人にて、
監督・コーチなどの指導者としての経験を積みました。

球界から少し離れたと思ったら、
九州国際大付に進学した長男のために、
福岡に移住したそうです。

九州国際大付は寮もあるでしょうし、
それでも、そばで見守りたい気持ちが強かったのでしょう。

父親としても、野球人としても完璧な方だと思います!

スポンサードリンク



九州国際大付野球部の出身中学

九州国際大付は福岡きっての強豪ということで、
毎年、全国から選手が集まります。

富山凌雅(3年背番号1) 和歌山県御坊中学校
岩崎魁人(3年背番号2) 京都府下鴨中学校
宇都颯(3年背番号3) 福岡県板付中学校
亀谷昇平(3年背番号4) 福岡県高見中学校
山本武白志(3年背番号5) 神奈川県山内中学校
吉井恒平(3年背番号6) 大阪府山直中学校
脇坂龍次(3年背番号7) 福岡県洞北中学校
山口耀平(3年背番号8) 京都府嘉楽中学校
中山竜秀(2年背番号9) 山口県久賀中学校
中村光汰(3年背番号10) 福岡県恩永中学校
野木海翔(3年背番号11) 京都府東輝中学校
永岡大昇(2年背番号12) 広島県中広中学校
徳丸俊太郎(3年背番号13) 宮崎県庄内中学校
石橋大智(2年背番号14) 福岡県春日西中学校
藤本翔一(3年背番号15) 山口県藤山中学校
尾仲力斗(2年背番号16) 京都府勝山中学校
安永元也(2年背番号17) 大分県香々地中学校
渡邊勝太(2年背番号18) 福岡県長尾中学校

和歌山・京都・大阪・神奈川から、
広島・宮崎・大分・山口と全7県から集まっています。

注目も山本選手は神奈川出身だったんですね!

お父さんが元ロッテの指導者ということで、
千葉県だと思いました!

このサイトでは地元色の強い高校を肯定的に書くことが多いですが、
地元を離れて、強豪校の門を叩く球児も、自分は大好きです!

九州国際大付野球部出身中学2015

まだ15歳16歳の子供が、
超厳しい試練を受けるために、
地元を離れるわけですから・・・。

寮に入れば、当然嫌なこともたくさんあるでしょうし、
野球以外に乗り越えないといけない困難もあるでしょう。

違う境遇から集まった18人が、
甲子園で1つのチームとして戦うのも、
それはそれでロマンということを忘れてはいません!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です