静岡高校野球部メンバーの中で一番注目している村木文哉と鈴木嘉基

スポンサードリンク

静岡高校野球部メンバーの中で一番注目している村木文哉と鈴木嘉基今年の甲子園の優勝候補にもあげられる、
静岡代表の「静岡高校」

静岡高校野球部メンバー

野球部が古くからの名門である静岡高校だが、
ここ近年は静岡商業・常葉菊川・常葉橘に話題を奪われています。

静岡勢の野球復活をかけて
今年の夏の静岡高校には期待しています。

自分が、同校のメンバーの中で、
とくに注目しているのが、
2年生エースの村木文哉投手です。

静岡高校のエース・村木文哉の球速や変化球

静岡出身の村木選手は、
中学生の頃から県内から注目された逸材で、
野球の名門・静岡高校でも伸びしろ抜群のようです。

まだ2年生の村木投手ですが、
身長182センチの長身に加えて、
球速146キロの直球は迫力満点です。

静岡高校村木

1年生からの成長力も素晴らしく、
球速は、年々伸びていってるようです。

さらに村木投手の持ち味は、多彩な変化球

リラックスしたセットポジションから、
カーブ、スライダー、フォークを投げ、
とくに落差のあるフォークには定評があります。

昨年の秋から、今年の夏の地区予選まで、
隙なしに良いピッチングを披露しているので、
この夏(2015)の甲子園での飛躍は期待できます。

スポンサードリンク



静岡高校の2015年メンバーは同校の歴代最強?

昨年の東海大会を制しての春選抜出場と、
ここ最近の静岡野球の話題を独占しているのが静岡高校です。

静岡高校といえばサッカーも注目されていますが、
野球は甲子園で春で優勝、夏で準優勝の経験もある強豪。

ここ数年の間はライバルである常葉菊川に苦戦していましたが、
今年度のチームは、県内のどこの強豪も寄せ付けない強さを発揮していました。

静岡高校野球部出身中学

春選抜では優勝候補に挙げられていたほど、
今年の静岡高校は注目されているのです。

先ほど書いたエースの村木投手筆頭に、
コールド勝ち試合を連発させた、
超強力打線は、なかなか抑えることはできません。

今年の静岡高校のメンバーは、
ほとんどが県内組ですが、
同校の「歴代最強」と言われるほどの濃いメンツが揃っているのです。

元リトルの怪物・鈴木嘉基率いる強力打線

地区予選から打率5割を打つ打者が、堀内・鈴木嘉基と2人いて、
その他の選手のほとんどが3割以上の打率を誇るです。

打線に切れ目のない静岡高校打線につかまっては、
甲子園で勝ち進むことはできないことでしょう。

ちなみに鈴木嘉基選手は元リトルの怪物で、かつては世界大会でホームランを量産したのです。清宮くんに存在は埋もれていますが、この怪物くん(鈴木嘉基さん)の覚醒にも、目を張っておきましょう!

エースの村木選手を攻略するのも難しく、
この夏の優勝候補といわれるだけの、「隙のなさ」があります。

守備も鉄壁で、特に捕手の堀内の巧妙なリードは評判高いです。

久々の古豪復活の予感に、
胸踊る静岡市民も多いことでしょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    鈴木嘉基はスタメンではなく、鈴木将平がチーム打率トップの打者。一年春からレギュラー獲得です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です