東海大相模の杉崎の態度とラフプレーは?小笠原と吉田のドラフト候補2人と出身中学。

スポンサードリンク

東海大相模の杉崎の態度とラフプレーは?小笠原と吉田のドラフト候補2人と出身中学。今年度2015年の夏の甲子園出場を決めた東海大相模。

東海大相模出身中学

東海大相模は昨年に続いて2年連続の出場を決めており、
決勝では今年で勇退する渡辺監督率いる横浜高校に9−0で完全勝利をおさめています。

東海大相模のここ最近の強さは目を見張るものがあり、
毎年思うのは、その選手の層の厚さがえぐいということです。

昔、良い選手が多く集まる高校ではありましたが、
ここ最近はプロスカウトが注目する選手が、
常時2人以上はいるような状態が続いているのです。

今年の東海大相模で全国屈指のレベルを誇る選手が、
ショートを守る3番の杉崎選手と、小笠原投手吉田投手です。

この3人の名前は昨年大会からすでに注目されており、
今期、夏の甲子園出場を決めたことで、
しばらくはスポーツ紙のトップで名前を見ることでしょう。

東海大相模の杉崎がラフプレー?態度は悪くない!

今年の神奈川予選は例年になく激戦でしたが、
特に、東海大相模の杉崎選手は闘志を前面に出した態度で話題になりました。

強豪校に行く野球少年は、当然やんちゃで元気な生徒が多いと思いますが、
東海大相模の杉崎選手も、その類の選手と言えます。

東海大相模ラフプレー態度

杉崎選手は、今年の神奈川予選の平塚学園戦にて、
ショートの守備の中で、ラフプレー?
とも誤解されるようなプレーをしました。

そのラフプレー疑惑がかけられたプレーは、
一部の高校野球ファンの中で賛否両論のようですが、
杉崎選手の試合前や試合後の様子を見てると、
そこまで態度の悪い選手のようには思えません

今年の平塚学園は、大会前は優勝候補に挙げられるほどのパワーを持ち、
そんな高校との対戦ということもあり、杉崎選手は、気持ちが前面に出てしまったのでしょう。

個人的には決してラフプレーのようには思えませんし、
杉崎選手の態度は良好のように思えます。

スポンサードリンク



東海大相模の小笠原と吉田はドラフト注目

昨年の東海大相模は球速140キロを超える投手を多く持ち、
その鉄壁の投手力が全国で話題になりました。

今年の東海大相模の投手層も厚く、
特にエースの小笠原くんと、吉田くんは注目度が高いです。

エースの小笠原投手は身長180センチに体重80キロ以上と、
すでにプロ水準の体をしています。

東海大相模小笠原ドラフト出身中学

小笠原投手の魅力は切れ味鋭いスライダーと、
MAXで150を超えるストレートです。

ほとんどシュート回転をしないと言われる球は、
キャッチャーの構えたミットにグイグイと吸い込まれます。
伸びも切れも今年の神奈川大会で1番の投手だったことでしょう。

プロのスカウトからはすでに小笠原投手を絶賛する声が多く、
おそらく、プロ志願さえ出せば、ドラフトにはかかることでしょう。

小笠原投手は神奈川県の藤沢出身ということで、
がっつり神奈川が地元です!

出身中学は善行中学で、地元からは多くの人が応援することでしょう。
自分は善行によく通っていましたが、あんな何もないところから、
小笠原投手のようなビッグな選手が誕生するなんて、思いもしなかったです。

きっと、小笠原選手の出身中学の同級生も嬉しいことでしょう!

そして、東海大相模の2大看板のひとり吉田凌投手
彼は兵庫出身で、出身中学は西脇東中みたいです。

吉田選手は切れ味の鋭いスライダーと、
最速151キロのストレートで三振の山を築きます。

東海大相模吉田凌ドラフト出身中学

昨年の夏の甲子園でも終盤に登板し、
相手打者を面白いほど三振にきってとって、
「あの控え投手は何者!?」と話題になりました。

今大会の吉田投手も絶好調で、
5回戦の相洋戦では9奪三振、
準々の日藤戦では10奪三振の活躍です。

吉田投手も小笠原投手同様に、
すでにプロスカウト注目の選手で、
現在の能力だけでなく、潜在能力を高く期待されてます。

小笠原投手に、吉田凌投手・・・・。
今年の夏の甲子園は、相模の投手を打ち崩せる高校がいるのか?

今から楽しみです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です