光星学院の蔡鉦宇選手と規定

スポンサードリンク

光星学院の蔡鉦宇選手と規定日本の甲子園を夢見て、
台湾から日本に留学した蔡鉦宇選手。

光星学院蔡鉦宇

蔡鉦宇選手は昔から日本に高校野球をテレビで鑑賞し、
甲子園に憧れていたようです。

台湾では日本の高校野球が普通に放送されているので、
台湾の球児の中でも、甲子園は憧れの土地のようです。

蔡鉦宇選手は台湾の高校でも野球部で活動をしましたが、
すぐに日本の高校に留学したみたいです。

台湾でも蔡鉦宇選手は、
中学時代に台湾先発の中軸を担うなど、
実力は確かだったみたいです。

蔡鉦宇選手は言葉の壁などを乗り越え、
光星のチームメイトと溶け込み、
厳しい練習にも耐えて、チームに必要な存在となるのです。

そして、2014年の春に、
光星学院は選抜甲子園に出場するのです!

スポンサードリンク



蔡鉦宇は規定によって春しか出場できなかった

蔡鉦宇規定

蔡鉦宇選手は、編入してすぐの1年の秋に、
光星のベンチ入りメンバーとなって、
監督もチームメイトからも信頼されていた。

言葉のストレスで体重が激減することもあったらしいが、
みんなの支えで、少しづつ環境が良くなっていったという。

春の甲子園に出場した蔡鉦宇は、
5番とクリーンナップを担い、
優勝候補の横浜相手に3安打。

ベンチでは誰よりも声を出し、
監督からはムードメーカーだったと太鼓判を押された。

チームは2回戦で姿を消すが、
夏に再び甲子園に出場する。

しかし、蔡鉦宇は、
高校野球の規定にとって、
夏の大会には出場できなかったという。

その規定とは、
「日本高野連の大会参加者資格規定 第5条の(5)で、参加選手は高等学校在籍3年以下のものと定められている。例えば、1年時に中途退学して翌年あらためて第1学年に入学した場合は、在籍2年目と見なされる。蔡は台湾の高校でプレーした時期があり、八戸学院光星と合わせて現在3年目。今春以降は4年目となるため、今大会後の公式戦には出場できない。」
という内容のもの。

しかし、監督は、
少しでも蔡鉦宇に、
仲間たちのそばにいてほしいと、
ボールボーイに蔡鉦宇くんを抜擢。

最後の甲子園で光星学院は、
ベスト8まで進んだという。

試合が終わった最後、
ボールボーイをしていた蔡鉦宇くんも泣いていたと。

最後の監督やキャプテンの言葉の中でには、
蔡鉦宇くんを想った思いやりのある言葉があり、
蔡鉦宇くんは高校球児らしく号泣。

台湾は日本の兄弟だと言われていますが、
野球を通じた親交も、もっと深めてほしいです。

蔡鉦宇くんのように、
国籍は関係なく、才能のある選手が、
日本の甲子園に登場してくれれば嬉しいです。

現在の蔡鉦宇選手は、
拓殖大に所属しており、
早くもチームで必要なポジションにいるようです。

この先も、日本で長く野球を続けてほしいですね!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です