清宮幸太郎のホームランが高校生の常識を変える!早稲田実業に入って身長がさらに伸びる・・・?

スポンサードリンク

清宮幸太郎のホームランが高校生の常識を変える!早稲田実業に入って身長がさらに伸びる・・・?先月の春季大会の準々決勝にて、
高校生になって初めてのホームランを放った、
早稲田実業の清宮幸太郎選手。

清宮幸太郎ホームラン高校

清宮幸太郎はリトルリーグ時代から、
アメリカと日本のスポーツメディアを飾った、
「和製ベーブルース」と言われた逸材。

清宮幸太郎選手は、中学が早稲田系列で、
父親も早稲田のラグビー部で活躍された方。

調布シニア時代から、早稲田実業に進学することは噂になっており、
いざ、入学すると、公式戦・練習試合と、1年生らしくない活躍を続けている。

清宮幸太郎選手は小学校4年生までは、
ラグビー、テニス、水泳、陸上と、
野球以外のスポーツも続けていたが、
最終的には、2006年のハンカチに刺激を受け、
野球選手になる道を選んだという。

スポンサードリンク



すべてが高校生離れの清宮幸太郎選手。身長もさらに伸びる?

清宮幸太郎早稲田実業

入学早々に早稲田実業の公式戦にでてホームラン。
このまま順調に活躍を続けていけば、
清原さんを上回る高校通算成績をおさめる可能性がある。

幼い頃からスポーツに協力的な、
父と母のおかげて立派に育っており、
身長も、早稲田実業に進学したあと伸び続けることでしょう。

現在184センチの97キロだが、
在学中に187センチの100キロぐらいまでには伸びてほしい!

高校生離れした背番号19番の清宮幸太郎くんから、
今後も目が離せない。

すでに巨人などのスカウトが目をはっており、
各プロ野球球団の関係者からも、
清宮幸太郎くんに向けた発言が多く、
早稲田実業のOBである王さんからもエールをいただいている。

ここまで異例な高校球児は、
今後もなかなか現れないと思うので、
清宮幸太郎くんの高校時代のプレーは見逃せない。

将来、どう考えたって、すごい選手になることだろう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です