早稲田実業の加藤雅樹は福生シニア出身。ドラフトにかかる可能性は?

スポンサードリンク

早稲田実業の加藤雅樹は福生シニア出身。ドラフトにかかる可能性は?「王2世」と名付けられ話題になっている早稲田実業の加藤雅樹選手。
早実といえば清宮くんばかりが話題になっているが、この加藤雅樹選手の注目度も負けていない!

加藤雅樹福生シニア

加藤雅樹選手は身長185センチの長身に加え、
体重83キロのプロ顔負けのガタイを誇る。

高校通算のホームラン数は、
すで40本以上を超えており、
このまま順調に数を重ねれば、
大台の50本にも届きそうだ。

最近の早実はプロ注目の選手であっても、
進学の道を選ぶことが多いが、
この加藤雅樹選手には、
直接のプロ入りを熱望するファンが多い。

1年の秋から早実の4番として、
東京大会で大暴れし続け、
3年になって今、全国区の知名度を手に入れている。

スポンサードリンク



2015年の高校野球は早実の加藤雅樹選手と清宮選手の話題が独占する予感・・・

加藤雅樹清宮ドラフト

中学時代から「和製ベーブルース」と呼ばれ、
将来を期待されていた清宮幸太郎選手は、
加藤雅樹選手と同じ早稲田実業に進学しており、
今年の春の大会で、すでにアベックでの活躍を見せている。

おそらく、3番清宮、4番加藤という打順が、
今年の早実のオーダーで不動のものになることだろう。

加藤雅樹選手はもともとはファーストだったが、
遠投100メートルの強肩を生かすために捕手に転向している。

清宮くんは投手としても活躍が期待されているため、
加藤雅樹選手とバッテリーを組めば、話題性がある。

プロが注目する2選手が同居する早実が、
夏も順調に勝ち上がり、甲子園に出場することを祈りたいです。

ちないに加藤雅樹選手の出身は東京で、
中学時代は福生シニアに所属していたみたいです。

地元の東京出身ということで、
県外組に異論がある人でも、
加藤雅樹選手にはがっつり感情が入ることでしょう。

加藤雅樹選手はドラフトにかかる?プロ志願書の行方

早実の試合には、加藤雅樹選手目当てのプロのスカウトが訪れ、
高評価をつけていると言われています。
春の公式戦ではオリックス・楽天・ヤクルト・西武のスカウトが訪問したと報じられています。

おそらく、加藤雅樹選手自身がプロ志願書を出せば、
ほぼ間違いなく指名されることでしょうが、
本人が進学思考なのが、プロ志願なのが明らかにされていないので、
卒業後に確実にプロいりするとは言い難いです。

でも、本当にダイレクトでプロのドラフトにかかってくれれば面白いですよね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です