大野健介が今後ドラフトにかかる可能性はあるのか?(静岡商業→早稲田→現ヤマハ)

スポンサードリンク

大野健介が今後ドラフトにかかる可能性はあるのか?(静岡商業→早稲田→現ヤマハ)かつては「微笑み王子」というキャッチコピーで、
2006年の夏の甲子園で躍動した静岡商業の大野健介投手。

大野健介ドラフト指名

大野健介選手は高校時代から女性のファンが多く、
ハンカチ王子などの話題には埋もれていたが、
地元静岡での人気は壮絶なものだったという。

大野健介投手は2006年に2年生エースとして甲子園で活躍。
キュートなルックスと仕草で、知名度を全国区にしていた。

身長168センチと小さいながらも、
体全体を一杯に使ったフォームで、
抜群の制球力と、テンポの良さで、
他校の打線を完全に封じ込めていた。
小さいな大エースとも言われていた)

2007年の三年生の頃は、
静岡県の地区予選で連続無失点記録を樹立し、
打者としては3番としてハイアベレージを記録。

かわいいルックスに加えて、投打でチームを支え、
決勝で常葉菊川に敗れるまでは、
常に地方ニュースの話題の中心にいた。

スポンサードリンク



そんな大野健介選手は、静岡商業を卒業したあとは、
六大学の名門・早稲田大学に一般入試で進学

大野健介ヤマハ早稲田

早稲田大学でも、もちろん投手としてプレーしていたが、
当時3季連続制覇した選手層の厚さや、
在籍していた斎藤祐樹投手中心の投手層の豊富さに埋もれて、

大野健介選手は高学年になるまで、
なかなか試合に出ることはなかった。

上級生が引退したあとに、
大野健介選手はマウンドに上がる機会が増え、
テンポ良く、緩急自在な投球で、相手打線を封じ込めていた。

早稲田を卒業したあとは、
社会人のヤマハに進み、現在も活躍している。

ヤマハでは静岡出身の選手が多いため、
大野健介選手は完全に愛されキャラ。
試合には古くからのファンが駆けつけるという・・・

また、ニコニコ動画という動画サイトにて、
大野健介さんを特集した動画がアップされており、
「かわいい」「小さい体なのに投球がえぐい」
などと、多くの絶賛するコメントを頂いていた。
そんな大野健介くんが、
将来、ドラフトで指名されて、
プロの世界に進むことはありえるのか?

最近では大野健介と同い年の、
高木勇人選手が、社会人7年目にして指名され、
入団早々に活躍して話題になりました。

大野健介選手だって、遅めにプロにはいって、
名前を再びに全国に轟かせることだって・・・
と、つい期待してしまいますよね!(笑)

大野健介選手自身にプロ志向があるかは不明ですが、
今後のヤマハでの活躍次第では、
またまた可能性はあると思います。

このままヤマハで引退してしまうには、
少しもったいない気がするので・・・、
どうにか、ドラフトにかかってくれないかな・・・?笑


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です