東大野球部の連敗94がストップ!5年ぶり勝利は法政大学。

スポンサードリンク

東大野球部の連敗94がストップ!5年ぶり勝利は法政大学。今日の神宮の東京大学対法政大学の試合は、
10回の延長戦の末に東大野球部が勝利をし、
2010年の秋の早稲田戦以来続いていた連敗記録を、
94連敗でストップさせていた。

東大野球部 連敗ストップ

連敗記録をずっと更新し続けていた東大野球部は、
試合に勝利すると、まるで優勝したかのように大はしゃぎした。

東大野球部が所属する六大学リーグは、
法政に限らず、早稲田などの強豪ばかり、
自分らが弱すぎるのではなく、周りが強すぎとの見解もあるよう。

9シーズン、5年ぶりの勝利は延長戦での劇的勝利、
相手のミスに付け込んだ、効率的な得点を重ねた結果だっただろう。

しかし、2チャンネルなどを覗く、
「そろそろ東大野球部勝てるんじゃない?」と、
今年中に連敗記録がストップする予言の書き込み多かった。

なぜ、2チャンネルで肯定に見守られていたのか?

スポンサードリンク



実は今年の東大野球部は強かった

東大野球部94連敗

昨年まで、東大野球部は2桁得点を何試合も許すボロ負けが多かったのにたいして、
今年に入ってからは、2桁を許すほど投手陣が崩壊することもなかったという。

さらに、打撃も、基本的なサインプレーが出来ており、
スラッガーと呼ばれるような選手がいなくても、基本的なプレーだけで得点を上げていたのだった。

これまでの東大野球部とは違う、
「野球らしい負け方」を続けていたので、
2チャンネルなどの多くの人が、
今年中に東大野球部が勝てることを予想していたのだ。

「まにゅ総研」と呼ばれる東大野球部の試合を追いかけるブログでも、
最近の東大野球部の変化について、
この先勝てる可能性について触れていたのだった。

「まにゅ総研野球研究部」と呼ばれるツイッターのアカウントもあり、
フォロワーはすでに600人を超え、注目を浴びている。

今後の東大野球部の奮闘を期待しましょう!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です