常葉菊川の栩木捕手が好きだった

スポンサードリンク

常葉菊川の栩木捕手が好きだったかつて2007年の夏ベスト4の常葉菊川のベンチには1年生は栩木雅暢くんしかおらず、
2008年度の夏準優勝の正捕手は二年生になった彼の姿がいた。

常葉菊川栩木痙攣

自分の栩木選手のイメージは、彼が1年生でブルペンキャッチャーをしている時期がメインであった。
栩木選手は1年でベンチしていた時期にはほとんど試合に出ておらず、
監督に将来を期待され、経験として置かれていたイメージだった。

そんな栩木くんは3年生の頃にはエースの戸狩くんを支える女房役として奮起し、
持ち前の肩は全国屈指で注目を浴びた。

当時のエースだった戸狩投手も、栩木選手のサインに忠実で、
首を横に振ることもなく、バッテリーとして良い信頼関係を築いていたとみられる。

そんな栩木雅暢くんは、自身が3年生のときには甲子園にいくことができず、
その後の進路が気になりますよね?

スポンサードリンク



栩木雅暢くんの進路

栩木選手は常葉の黄金世代の中にずっといただけに、
多くの名門大学から誘いがきていたことでしょう。

しかし、実際に進学したのは地元静岡の浜松大学です。
浜松大学は野球も強いですし、良い大学ですが、
個人的には他の大学リーグで栩木くんのプレーが見てみたかったのが正直なところです。

常葉菊川栩木雅暢進路

栩木くんは浜松大学に進学後には、新人賞を獲得。
しかし、その後は話題を聞くこともなく、
現在では進路不明扱いとなっています。

もしかしたら、野球をやめてる可能性もありますね・・・。

そういうば、栩木選手は1年時の神宮大会にて、
ネクストバッターボックスにて、
全身痙攣を起こし、倒れてしまうハプニングがありましたね。

ユーチューブで栩木くんが担架で運ばれる動画がアップされていますが、
正直、あまり見たくはないですね。

本人含め、チームメイトだった子など、思い出したくない光景でしょう。
ネットの時代だから仕方ないのかもしれません。

痙攣の原因の詳細は分かりませんが、
脱水症状だったという話もあります。

痙攣の動画の再生回数が半端なので、
この先も地味に検索される球児であるでしょうが、
栩木くんが一番輝いていた2008年の夏の甲子園の動画もついでに見てあげてください。。笑


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です