トータルテンボスの藤田の高校野球好きがすごい・・・勉強になる甲子園観戦方

スポンサードリンク

トータルテンボスの藤田の高校野球好きがすごい・・・勉強になる甲子園観戦方芸能界屈指の高校野球好き芸人で有名なトータルテンボスの藤田憲右さん。
藤田さんが番組などで、高校野球や甲子園の話題を切り出すと、周りの共演者がドン引きするほど高校野球について熱中して話し続けてしまう。

トータルテンボス藤田高校野球

そんな藤田さん自身も高校時代球児であったという。
藤田さんは静岡県の県立小山高校の野球部のエースとして3年時には三回戦までコマを進めた。

それなりの実力があった球児だったらしいが、
大学は一浪したのちに進学し、
野球とは徐々に離れてしまった。

自分の球児時代の夢を、
現役の高校球児に託したいと、
想いが強すぎての、
今の高校野球マニアなのかもしれない。

では、実際に藤田さんが、
どれほど高校野球に詳しく、
どのような思考を持っているのか、
知っているエピソードだけ紹介してみます。

スポンサードリンク



トータルテンボスの藤田さんの高校野球マニアぶり

トータルテンボス藤田甲子園

まず、普通の高校野球マニアといえば、

知っている高校といっても、
神奈川で横浜、桐光、東海大相模、平塚学園、
大阪で大阪桐蔭、上宮、履正社、PL学園ぐらいもの。

しかし、藤田さんは、各県の野球の名門だけでなく、
「野球部のある高校はだいたい知ってる」と、
「ちょっと強い高校」「初戦突破できない高校」など、
野球にまったく力を入れていない高校や、
県内の弱小校の名前まで把握しているのです。

ある番組の中で藤田さんは、
客席にいた方に、地元と高校を聞いて、
その人の高校のレベルを言い当てしまっていた。

実は藤田さんは、毎年夏の予選が始まる前に、
各県のトーナメント表を持ってきて、
試合結果ごとに、自分で表を線で埋め、
オリジナルのトーナメント表を作っているのだ。

ストップウォッチを使って高校野球観戦

さらに、実際に高校野球の試合を観戦しに行くと、
藤田さんはストップウォッチを持参し、
バッターランナーの一歩目から一塁到達まで、(4秒いないだとセーフ率高い)
キャッチャーの2塁送球の到達まで、(2秒以内ならプロレベル)
外野からのバックホーム、(だいたい3秒)

と、時間を基準に楽しんでいるそうです。

藤田さんは将来的に、
地元静岡の高校の野球部の監督になるのが夢のようです。

もし、その夢が実現すれば、面白いですが、
以外に簡単に叶っちゃいそうですよね!笑


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です