ミッチュ・メサローシュの死去。病気(病名)と死因は?アルフ役として大人気!

スポンサードリンク

ミッチュ・メサローシュの死去。病気(病名)と死因は?アルフ役として大人気!アメリカにて80年代を彩った、
「アルフ」は現在までに語り継がれてますが、
そのアルフ役を演じていたミッチュ・メサローシュさんは現在までに人気者でした。

小さな体で爽やかに笑顔を振りまくミッチュ・メサローシュさんに、
アルフブームが過ぎ去った後も、相変わらずの人気を保持。

しかし、最近までに、
自宅で意識不明で発見され、
ずっと容態が心配される状態でした。

ミッチュ・メサローシュの死去。病気や死因は?

ミッチュ・メサローシュ死去死因病気病名小人症画像動画

ミッチュ・メサローシュさんといえば、
「小人症」が有名ですね。

かつてのアルフでの活躍は、
同じ小人症を持つ人たちに対して、
大きな勇気を与えていたのです。

メサローシュは約1週間前にロサンゼルスの自宅で意識不明の状態で発見された。第一報が伝えられてすぐ、有志が医療費を募るクラウドファンディングページを起ち上げたが、メサローシュの意識が戻ることはなかった。集まった募金は葬儀費用の一部に充てられるという。

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-00010005-jisin-peo

76歳まで元気に生きたことそのものが、
ミッチュ・メサローシュさんの功績に一つに数えられます。

また、亡くなる直前までに、
相変わらずの人気を保持で、
多くのファンを動かした現実もすごいです。

しかし、現在までミッチュ・メサローシュさんの死因の詳細や、
どのような病気が関係していたのかは発表されていません。

ネット上の憶測も様々ですが、
やはり小人症と何らか関係があるのか?と見る方が多いです。

一応、公式な発表を待つべきで、
死因を勝手に断定するのは良くないですね!

スポンサードリンク



ミッチュ・メサローシュのアルフ役としての功績

小さな体で精一杯スマイルを振りまくミッチュ・メサローシュさん、
その愛おしさは、誰もが心を揺さぶられたことでしょう。

もともとサーカスに在籍していたり、
人の心を掴む術はもっていたにせよ、
ミッチュ・メサローシュさんのメンタルは並外れてます。

メサローシュは1939年、ハンガリーの貧しい羊飼いの家に生まれた。小人症だった彼は84センチという身長を生かし、14歳のときにサーカスに入団。70年代には米国の有名サーカス「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」で「世界一小さな男」として一世を風靡した。カーターやレーガンといった歴代大統領の前でパフォーマンスをしたこともあったという。

1986年からは『アルフ』に出演。撮影はパペットと着ぐるみが併用されていた。アルフが動くシーンではメサローシュが実際に着ぐるみに入って演技をし、パペット操作では表現できない細かな動きが視聴者を魅了した。日本でもNHKで放映され、日本語吹き替えを所ジョージが担当していた。

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-00010005-jisin-peo

ミッチュ・メサローシュ逸話伝説噂死去持病病気理由原因訳

マイケル・ジャクソンなど一流のエンターテイナーにも認められ、
ミッチュ・メサローシュさんの人望は、そこらのセレブ顔負けでした。

大統領などの権力者はもちろん、
多くの方がミッチュ・メサローシュさんの虜になりました。
のちに小人症の方で人気者になった方が多くいますが、
その先駆者はミッチュ・メサローシュさんで、道を作った功績は偉大です。

人と違うことをコンプレックスにしないで、
それを武器に人生を豊かにしたミッチュ・メサローシュさんの事例は、
今後、あらゆる意味で、多くの人たちに心の支えになることでしょう。

長く健康に生き抜いた生命力も素晴らしく、
どの点を取っても、偉大です。

今後しばらく「アルフ」の再放送がどこかのチャンネルで頻繁に起きたりして・・・・笑


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です