ベッキーのLINE全文の最新画像は本物?なぜまたバレた・・・(嫁以外に誰?)。当面は「金スマ」「モニタリング」「ライブB」出演見送り?矢口真里の助言(フォロー)への反応

スポンサードリンク

ベッキーのLINE全文の最新画像は本物?なぜまたバレた・・・(嫁以外に誰?)。当面は「金スマ」「モニタリング」「ライブB」出演見送り?矢口真里の助言(フォロー)への反応いろいろと世間を騒がせているタレントのベッキーさん。
すでに謝罪会見も済ませ、一部番組復帰も果たしてますが、まだまだ騒動は落ち着かず・・・。

それもこれも、週刊誌が小出しにベッキーさんの記事を出すせいでもあります。
最近では、ベッキーさんと川谷さんのLINEでの会話の画像が登場し、再び大きなネタとなっています。

いつになったらこの話題は止むのか・・・、
先の見えないバッシングに、ベッキーさんの今後の仕事は大丈夫なのか・・・?

ベッキーのLINE全文の画像は最新画像は本物?

ベッキーLINE全文最新画像本物なぜバレた嫁誰

騒動が起きてから、謝罪を済ました会見後も、
ベッキーさんと川谷さんの話題が続くのは、
LINEのやり取りの画像が公表されたせいでもあります。

そのLINEでの会話全文の一部を見てみると、


何もない時にエリちゃんと出会えてたら
良かったのになとか考えちゃう。
たらればだけど、神様は割と試練を与えたがる


私は何もない時にけんちゃんと出会えて
ラッキーくらいに思えてるけど…

火遊びというよりも、純粋な恋心のようにも思える文章・・・。
本当にこのような想いがあったのなら、いろいろと切ないですね。
まんざら、一方的に誰かを責める必要はあるのですかね?


話し合いしてた。あんまり話し合いせずに
待った方がいいのかもしれない。
感情的になってしまうから。
時間掛かってしまうけどちゃんと卒論書くから
待ってて欲しいな。


こんな感じで待たせるの
本当に心苦しいけど、待ってて欲しい。


けんちゃんおはよう!
大丈夫だよ!待ってる!
だからけんちゃんも待っててあげて。
大丈夫だよ!
卒論できたらけんちゃんに
いっぱいワガママ聞いてもらおうっとー!笑
ここまで見ると、さすがに嫁さんがかわいそうになりますね。
このLINEの会話が事実だとすれば、かなり問題だと思います。

仮に、二人の考えがうまくいったとしても、後々大問題となって世間に知られていたことでしょう・・・。

スポンサードリンク



ベッキーのLINEの画像は本物なのか?また、なぜバレたのか・・・?(嫁以外なら誰なのか)

LINEのアプリというのは、捏造すればいくらでもできると思います。
しかし、大手週刊誌がここまで堂々と報じると考えると、さすがに嘘と決め付けるには・・・。

LINEの画像が本当にベッキーさんが書いた文章なのか、
そもそも本物だと思う人と、そうでない人で意見が割れています。

仮に、本当だとしたら、なぜ、こんなに簡単に流出したのか、
嫁さんが有利に動くために、流したのか、もしくは他の誰かが見つけたのか・・。

一般的にも、カップルで他の異性との会話がバレて揉める話は多く聞きますが、
ここまで直々に本人のスマホからスクショを打ったような画像で世に出たのには違和感がありますね。

ファンの気持ちを考えると、LINEの画像自体、本物ではないと信じたいですね!

ベッキーは当面「モニタリング」「金スマ」「ライブB」への出演が見合わされる?

TBSの発表によると、2月1日に、
ベッキーさんが出演する「モニタリング」「金スマ」「ライブB」への出演を、
当面、見合わせることを伝えてます。

ベッキー矢口真里助言フォロー反応金スマモニタリング

やはり、世間の目を気にしての決断でしょうが、ベッキーさん本人はどう思っているのか。
人気タレントの影響力がここまで強いなんて、SMAPに続いて衝撃的な流れとなってます。

「イッテQ」に出演したベッキーさんはやつれており、
番組にお問い合わせが殺到したそうです。
応援する声もあれば、批判する声もある・・・番組的には事が落ち着くまで放送に真剣質になるでしょうね。

ベッキーさんの事務所は1月28日に休業を発表しており、
今後の活動の予定は、まだまだ未定のようです。

矢口真里のベッキーに対する助言。頼もしいフォローに反応は?

かつて、似たようなゴシップで世間を騒がせた矢口真里さん。
ベッキーさんの話題が出た時には、再び矢口さんの件も重ねる形で説明されることが多かったのです。

一般ではたまにあることも、芸能人であれば命取り、
その不公平さを訴えながらも、矢口さんはベッキーさんを優しくフォローしてました。

矢口真里さん的には、女性の浮気は結構多いことなので・・・と。

また炎上覚悟のギリギリな発言に、反応も厳しめな声が多かったです。

年も近くて、似た経験をした者同士、今後どこかで共演した際には、その絡み方に注目が集まることでしょう!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です