関東に大雪警報。2016年も暖冬が長く・・・。桜開花にも影響?

スポンサードリンク

関東に大雪警報。2016年も暖冬が長く・・・。桜開花にも影響?今年2016年の1月18日の月曜日に全国的に天候が荒れるようです。
特に関東を含む太平洋側でも大雪の予報がされています。

本当はクリスマスシーズンに降って欲しいはずの雪・・・、
今年2016年も年を越した後の今に降るようです。

2016大雪警報関東

関東では大雪が降ることは珍しいので、
雪を降ることを嫌に感じる人ばかりでなく、
大雪にワクワクする人もいるみたいです・・・・。

2016年1月18日の悪天候の予想

北海道や東北で最大瞬間風速35メートル、
また関東や近畿では30メートルとされています。

また同日18日に予想される波の高さは、
東北で8メートル、北海道などで6メートル、
関東、東海などでは5メートルになるとなります。

雪は珍しくても、風や波の影響は怖いですよね・・・、
暖かい格好で、風の影響をうけないように注意する必要があります。

スポンサードリンク



関東の大雪警報でも楽しみな人がいる?

ホワイトクリスマスとはご無沙汰な関東の方々・・、
仮にクリスマスシーズンに雪が積もる日が来れば、街のカップルは盛り上がる事でしょう。

年を越した後の大雪であっても、
雪の様子をカメラで撮影し、
ツイッターなどではしゃいで投稿する方が多いのです。

きっと、明日18日のTwitterやインスタグラムには、
日本全国各地の荒れた天候の写真やつぶやきに溢れることでしょう。

猛吹雪で怪我をすることもあるので、安易に外で遊ぶのも注意した方が良さそうです。

2016年の暖冬で桜の全開時期がずれる?

2016暖冬桜満開咲く時期

寒がりな人にとって暖冬はありがたいことかもしれませんが、
そのメリットは、遅れてやってきます。

暖冬はしばらく平均気温が高めなだけで、
その後に厳寒になることが多いのです。

また、スノボが好きな人であれば、ゲレンデの状態に影響が出たり、
温度差で体調管理が難しくなったり、問題はいろいろあります。

日本人が大好きな桜にだって影響は出ます。
寒い時期が遅れてやってくると、桜の咲く時期も遅れます。

これまでにも桜が咲いてるはずの時期に、その雰囲気が味わえず、
それは学生などのイベントの象徴が台無しになってしまう恐れでもあります。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です