猿渡真之のノーヒットノーラン(動画)。最速MAX(球速)と変化球。出身中学と高校(甲子園は?)身長と体重

スポンサードリンク

猿渡真之のノーヒットノーラン(動画)。最速MAX(球速)と変化球。出身中学と高校(甲子園は?)身長と体重現在行われて入る第42回社会人野球選手権ですが、
大阪ガスが大金星をあげました。

それは、大阪ガスのエース猿渡真之のノーヒットノーランです。

第42回社会人野球日本選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第9日の6日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、大阪ガス(近畿・大阪)の猿渡真之投手(23)が鷺宮製作所(関東・東京)戦で、無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)を達成した。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000034-mai-base

猿渡真之投手の名前を知らない人からすると、
余計に衝撃的なニュースです、社会人野球でノーヒットノーランを決める難しさは・・・。

猿渡真之のノーヒットノーラン(動画)

猿渡真之投手は若干23歳の若さです。
社会人として本戦に投げ始めて、ここまで成長するとは、誰が予想したことでしょうか?

選手権はまだまだ続くので、
残りの試合で猿渡真之投手が投げるチャンスが来れば、
まだ、連日の注目を浴びることでしょう。

5日の2回戦でJR西日本(中国・広島)の加賀美希昇投手(28)がJR東日本東北(東北・宮城)を相手に記録したのに続き、2日連続の快挙。第36回大会(2009年)の1回戦の鷺宮製作所戦で達成した三菱重工神戸(現三菱重工神戸・高砂)の木林敏郎投手を含め、大会史上3人目。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000034-mai-base

大会史上3人目の快挙ということで、
5日の加賀美投手に続いて達成されるという珍事です。

%e7%8c%bf%e6%b8%a1%e7%9c%9f%e4%b9%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f%e5%8b%95%e7%94%bb%e5%86%85%e5%ae%b9%e6%9c%80%e9%80%9fma

今の社会人野球の投手レベルは本当にすごいです・・・。

高校、大学でも良い投手は多くいますが、
社会人まで投手王国となると、
日本野球のレベルが格段に上がったと。

ドラフト指名漏れを味わった猿渡真之投手ですが、
今後もプロ思考があるかならば、この成長はスカウトは見逃さないですね。

この先、プロスカウトのドラフト評価は徐々に上がっていくことでしょう!

スポンサードリンク



猿渡真之の最速MAX(球速)と変化球

ノーヒットノーランで時の人となって入る猿渡真之投手ですが、
具体的にどのような球を投げるのでしょうか?

その実際の実力が気になるところです・・・。

猿渡真之投手の球速の最速MAXは、
社会人の中でもトップクラスの148キロです!

早いですねぇ・・・。

そして変化球は多く、
スライダー・カット系・チェンジアップ・フォークと、
縦の揺さぶりも横の揺さぶりも、緩急自在です。

コントロールも安定しており、
大阪ガスで最も信頼できる投手と言えるでしょう!

猿渡真之の出身中学と高校(甲子園は?)身長と体重

猿渡真之投手は福岡出身の選手です。

出身中学は福岡の小竹中で、当時から133キロを計測していたようです。

そして出身高校は飯塚高校で、
1年から控え投手として活躍していました。

1年の秋に九州付相手に1失点と好投し勝利投手に。
2年には熊工相手に1安打完封。そして九州国付に再び好投し勝利。

%e7%8c%bf%e6%b8%a1%e7%9c%9f%e4%b9%8b%e5%87%ba%e8%ba%ab%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e5%87%ba%e8%ba%ab%e9%ab%98%e6%a0%a1%e7%94%b2%e5%ad%90%e5%9c%92%e8%ba%ab%e9%95%b7%e4%bd%93%e9%87%8d%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82

名門相手にバタバタと三振を奪う姿にはロマンがありました。

甲子園の経験はないものの、
身長173センチの小柄な体型から、
140キロ超えの直球をガンガン投げていたため、
大会を通じて非常に注目されていました。

社会人になっても1年目から公式戦に投げ、
歳を重ねるごとに変化球の質が向上してきました。

強気に内角を攻めれるコントロールもあるので、
今後、そのコントロールに磨きをかけ続ければ、
将来的にはプロに上位指名されることでしょう!

指名漏れの悔しさをバネに成長を続ける猿渡真之投手。

今後も、その成長力から目が離せません!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です