内海哲也の現在。年俸的に給料泥棒だとトレードの噂まで。引退と嫁

スポンサードリンク

内海哲也の現在。年俸的に給料泥棒だとトレードの噂まで。引退と嫁先日に今季初勝利を記録した、
巨人の内海哲也投手。

かつてはエースと言われた男ですが、
ここ近年はピリッとしない状態が続き、
エースの座を菅野投手に譲ってしまっていました。

内海哲也投手が初勝利を収めた相手は、
交流戦で交えたオリックス戦です。

0−1と6回まで投げて無失点。
打撃不振のオリックスが相手であったも、
その内容の良さは認めざるおえないです。

しかし、現在の内海哲也投手の状況は、
この先もまだまだ様子が見られそうです。

内海哲也の現在。年俸的に給料泥棒と言われた昨年

内海哲也現在年俸給料泥棒

昨日のオリックスでの内海哲也投手の要求は、
最近、不調の巨人にとっては、非常に勢いに乗る内容でした。

打線の援護はなかったが、6回には亀井が守備でアシストしてくれた。レフトへの大飛球をフェンス際でジャンピングキャッチ。リプレー検証に持ち込まれたが、当初の判定通りアウトで、6回3安打無失点で降板した。「最後のチャンスという気持ち、背水の陣でマウンドに上がりました。自分の投球スタイルである『ランナーを出しても粘り強く』というピッチングを、今年3回の登板では1番できました。次につながるピッチングができたと思います」と振り返った。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000182-nksports-base

内海哲也投手本人が、
「次につながる」とコメントしてる辺り、
現在の状況の悪さを物語ってます。

由伸監督の采配を見てる限り、
投げれなくなったベテランは、
トレードされる可能性が高いです。

特に昨年は2勝しかしておらず、
2014年も7勝9敗と、
年俸4億という数字は「給料泥棒」と野次られてます。

内海哲也投手の4億もそうですが、
杉内投手や、年俸の中身に合う活躍ができないベテラン勢が多い・・・。

しかし、あくま複数契約を出したのは球団側なので、
本人を「給料泥棒」だと責めるのは筋違いですね。

スポンサードリンク



内海哲也のトレード疑惑

ここ2年間の不調もあってか、
内海哲也投手にはトレード説がありました。

昨日のオリックス戦でのピッチングに続き、
残りのシーズンも良い内容を残せれば、
そのトレード疑惑は消えると思いますが。

仮に、今年も結果が出せなければ、
トレードされる運命は否定できないです。

しかし、過去に内海哲也投手は、
オリックスへの入団拒否があり、
しかも、高年俸がネックとなります。

トレードになるぐらいなら、
引退か戦力外の方が現実的だと思えます。

内海哲也の引退と嫁

トレードするわけでもなく、
戦力外にもなるわけでもなければ、
本人が引退を決意することもあります。

しかし、現在の内海哲也投手の実力は、
引退するほどひどいわけではなく、
何か長いトンネルにハマってるだけに見えます。

今年1年間で結果出して、
来年か再来年に再ブレイクして、
巨人の優勝を兼ねての引退・・・が理想的ですね。

内海哲也トレード嫁引退子供
内海哲也投手は4人の子供を持つ父親です。
2007年の5月に嫁をもらい、交際10か月でのゴールイン。

嫁さんとは出会いから運命を感じてたらしく、
付き合い始めた段階で、球のキレもコントロールも良くなっていたとか。

投手のコントロールは精神状態に関わるので、
当時の嫁さんとの関係も、ブレイクの要因でした。

あの頃の気持ちをもう一回思い出して、
残り少ない野球人を精一杯過ごして欲しいです。

嫁さんと子供を背負う選手は強いです。
今年こそは2桁勝利復活を願います!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です