工藤幹夫(元日本ハム)の死去。死因病名は?工藤幹夫杯の行方。

スポンサードリンク

工藤幹夫(元日本ハム)の死去。死因病名は?工藤幹夫杯の行方。元日本ハムの20勝投手の工藤幹夫さんが、
今日2016年5月13日に、
地元秋田内の病院で亡くなりました

55歳の若さでの死去に、
多くのお悔やみの声が上がります。

高卒1年目からローテ入りを果たし、
3年目には20勝を挙げて最多勝のタイトルも獲得。

その後、野手に転向しますが、
1軍出場なしのまま引退します。

短い日本ハムでの野球人生でしたが、
ファンのインパクトは絶大で、
未だに工藤幹夫さんのことを覚えてる方も多いでしょう。

工藤幹夫の死因と病名。引退から現在まで何をしていたのは?

工藤幹夫日本ハム死去病気死因原因

工藤幹夫さんの死因は肝不全とされてます。

日本ハムでのプロ野球人生終結から、
地元でスポーツ店を営んだり、
野球チームを結成してたり、

非常にアグレッシヴで前向きな人生を生きました。

引退後から現在までの工藤幹夫さんの活動を見てると、
本当に野球が好きだった方なんだなと、実感してます。

投手としても野手としてもプロ野球でプレーし、
日本シリーズのマウンドも経験。

スポーツ店と野球チームと、
アマチュアとしてもとことん野球を追求し、
最終的には自分の名前の大会まで・・・。

今後も、引退するプロ野球選手に、
工藤幹夫さんのような人生が歩める方が増えると良いですね!

スポンサードリンク



工藤幹夫杯の今後はどうなる?

実は秋田県には、

「工藤幹夫杯」という野球大会があります。

学童の子供の将来を応援するかのような、

前向きで暖かい野球大会のように感じます。

今後もこの工藤幹夫杯が受け継がれることが望まれますが、

そもそもこの大会の経緯や運営がよくわからないので、

工藤幹夫さんがいなくなった後の扱いがわかりません

工藤幹夫杯マテルコメント黙祷

現在までスポーツ用具のお店を経営してきた工藤幹夫さんなので、

もしかしたら、何か、大会に大きな影響を与える存在であり、

今後も大会の存在を続けるのは「?」かもしれません。

工藤幹夫さんの出身中学である本荘や、

本荘高校では工藤幹夫さんは英雄です。

今日の西武と日本ハムの試合では、

試合前に黙祷が捧げられるなど、

その球界と秋田での存在は格別です。

工藤幹夫さんの名前が、

大会でもなんでも、

残ってくれたら嬉しいですね・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です