掛布雅之の通算成績と嫁。監督初勝利の主役のランディ・メッセンジャーの家族と年俸

スポンサードリンク

掛布雅之の通算成績と嫁。監督初勝利の主役のランディ・メッセンジャーの家族と年俸阪神の二軍監督として話題の掛布雅之さん。
現役時代の阪神への貢献度から、その指揮官としての活躍も期待されています。

今の野球少年や20代の若い野球ファンからすると、
正直、掛布雅之さんが現役時代どれだけすごい選手だったか疑問でしょう。

掛布雅之さんはバラエディ番組や解説者としてのイメージの方が強かった近年、
今、阪神の2軍監督として現場復帰を果したので、今一度の、その現役時代の偉大さを知るべきです。

また嫁さんなど、プライベートなことも兼ねて、
野球人としての掛布雅之さんを振り返ってみたいです。

掛布雅之の通算成績と嫁

掛布雅之さんの現役時代のキャリアハイな成績は、
1979年の打率.327のホームラン48本ですね。

また15年間の通算成績は、

1625試合6574打席5673打数、

打率.292、出塁率.381、長打率.531、
四球819、三振897、敬遠74、
本塁打349、安打1656、打点1019、得点892。

ホームラン王は79年、82年、84年と3回。
打点王は1982年に1回。
ベストナイン7回、オールスターMVPは3回。

掛布雅之通算成績嫁監督実力年俸

まさに7,80年を代表するスラッガーだったとわかります!
また、嫁さんは1979年に結婚した、
当時、女子大学の学生であった女性です。

79年といえば、掛布雅之さんのキャリアハイの時期。
結婚と成績の相乗効果は、昔から一緒だったんですね!

嫁さんはプロ野球選手の米田さんに紹介された形で出会ったそうで、
将来的にはタレントを目指していましたが、掛布雅之さんのお願い、その道はあきらめたそうです。

愛する旦那のために、自分の夢を諦めるなんて、
かなり素敵で、尽くす嫁さんだということがわかりますね。

自分の嫁さんが著名人だと嫌って考え方を見ると、
掛布雅之さんの控えめで謙虚な性格は若い頃から一緒だったなと感じます。

スポンサードリンク



ランディ・メッセンジャーの年俸と家族

そんな掛布雅之さんの2軍監督として、
初めての勝利に貢献したのが、
メッセごとランディ・メッセンジャー投手です。

調整で登板し、オリックス打線を相手に7回無失点!
実力的には1軍レベルのメッセが登板しただけに、
掛布監督も「メッセだよ、メッセ!」と冗談気味のコメントを残してます。

今年も1軍でガンガン活躍するであろうメッセ投手ですが、
2016年シーズンの年俸はまさかの3億!

昨年の成績は9勝12敗という数字でしたが、
今の阪神の投手陣の中では、かなり頼れる存在です。

2010年に6000万から始まった年俸が、
2011年に5000万に下がり、「おや?」と思えば、
2012年には1億を超えて、2014年には2億超え、
そして、最終的には3億という額を手にしたわけです。

メジャーの夢は諦めても、
きっちりとジャパニーズドリームを手に入れる助っ人もいます!

ランディメッセンジャー年俸家族嫁子供成績

そんなメッセ投手の原動力になっているのが、
いつも一生懸命応援してくれる家族の存在です。

インタビューでも家族の話題に触れることが多く、

「家族はいつも応援してくれている。
子どもたちは野球に集中していないけど(笑)」

と語ったりしてます。

日本に来て、いきなり大黒柱が3億円プレーヤーになったらビックリしますよね・・、
しっかりと結果を残せるメッセさんも、本当に良い父親だと思います。

また、奥さんも相当美人・・・、
かなり賑やかで楽しそうな家族模様が浮かびます。

現在34歳のメッセ投手ですが、
引退までに、家族のためにしっかりと貯蓄が作れることでしょう!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です