松中信彦が移籍先なしで引退(2016年現在オファーなし)。引退会見と理由。工藤との関係。引退後(その後)の仕事はコーチ監督を・・

スポンサードリンク

松中信彦が移籍先なしで引退(2016年現在オファーなし)。引退会見と理由。工藤との関係。引退後(その後)の仕事はコーチ監督を・・昨年の福岡ソフトバンクホークスを退団し、
オフに当たらな移籍先を探していた松中信彦さん。

古巣のホークスでの試合の後には、
今後はライバルとして古巣と戦う意気込みまで語っていた、
しかし、このオフには移籍する機会すらなく、

この引退は、正直耳が痛いというか、
元三冠王であっても、このような結末はあり得るのかと、
プロ野球を愛する者とした悲しさを感じます。

松中信彦の移籍先なしでの引退表明。2016年の2月末現在でオファーはなかった

松中信彦引退会見言葉理由発言2016移籍先オファーなし

日本代表のユニフォームを着ていても松中信彦さんは輝いていました。
ホークスがここまで強くなったのも、松中信彦さんの功績が大きいです。

松中信彦さんは間違いなく、日本を代表するスラッガーでした・・。

正直、昨年にホークスを退団した直後には、
すぐに獲得に名乗りを出す球団が登場すると思ってました。
当時でも、2軍の成績は他の若手よりもはるかに良かったのですから。

オファーらしいオファーがなくても、
せめて、テスト入団、韓国や台湾に移籍、
もしくは独立リーグでのプレーでも可能性はあると思いました。

しかし、結局、松中信彦さん本人が期限に決めていた、
今年2016年の2月までには、オファーはなく、
いつに引退を表明した格好となりました。

スポンサードリンク



松中信彦の引退会見と獲得球団がなかった理由

松中信彦さんの引退会見は3月1日に福岡市内のジムでした。

涙を浮かべながら、必死に移籍に向けてトレーニングを続けていた話をしていました。

支えてくれたファンや家族、球団の方に対する感謝の気持ちを述べながら、
印象に残った試合、楽しかった対戦など、19年間の野球人生を振り返りました。

特に松坂大輔投手との対戦は、松中信彦さんの野球人生に強烈なインパクトを残してるらしく、
1試合で3本、彼からホームランを打った試合は、松中さんにとって永遠の誇りとなっていることでしょう。

ホークスが弱い時期に入団した松中信彦さんは、
同じ時期に在籍していた城島選手、小久保選手、井口選手、
そして工藤投手に秋山さんと共に、まさに常勝軍団までチームを叩き上げました。

松中信彦工藤確執現在その後仕事監督コーチ

きっと長年のホークスファンからすると、この黄金期までの道のりの中で、
松中信彦さんの存在意義の大きさを、あの引退会見から回想したことでしょう・・・。

42歳という年齢ということと、
仮に活躍した場合の年俸・・・怪我の可能性、
松中信彦さんにオファーをかけたなかった球団を現れなかったことは、
そこまで責めることのできない真実です。

また、ホークス時代には自身のおごりの気持ちが出たような素行もありました。
直後に謝罪したにせよ、その行動を嫌がった球団もあったかもしれません。

それでも、引退会見では王会長にしっかり報告し、ねぎらいの言葉も頂いた話をしてました。
この部分は、最後の最後で悪く印象に残らなくてよかったです。

松中信彦と工藤監督との関係は?

松中信彦さんがホークスを出た理由の中に、
工藤監督と確執があったと噂されています。

実際には同じ時代を作った選手ですが、
工藤さんの方が年齢も球歴も先輩。

きっと、松中信彦さんの中で距離の難しさがあったのかもしれません。

工藤監督は昨年に松中信彦さんが1軍に昇格した際に、
ベテランであるからといって、特別扱いは一切しないと明言してました。

その発言の印象で、「もしかして工藤と松中って確執ある?」と思った人が多かったのかも・・・。

松中信彦の引退後の仕事はやはり野球関係?コーチや監督の可能性

結局、球団が決まらないことで引退した松中信彦さん。
福岡で正式に引退試合やセレモニーもないままの最後となってしまいました。

松中信彦さんとホークスの関係は、良いのか、悪いのか・・・。

ってところで、松中信彦さんの引退後の仕事ですが、
元三冠王ということと、主軸として幾度も優勝に貢献した実績から、
通常であれば、一目散にホークスからコーチなりのオファーがかかるはずです。

しかし、それがないとなると、やはり・・・・?

引退会見の中で松中さんは、チャンスさえあればホークスのユニフォームを着て、
コーチや野球に関わる仕事を続けたいと発言してました。

松中信彦さんは王会長に育てられて大成した選手の一人です。
王会長への感謝を尊敬の気持ちは強いと思うので、やはりホークスで重要なポジションを担うべきです。

それでも、引退した直後に、そのような話は来るのか、来ないのか・・・。

ホークス以外のどこかでコーチや監督の実績を積んで、
最終的に指導者として立派になってからホークスに復帰するのも有りでしょうね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です