清原和博の禁断症状は大丈夫なのか?(仮釈放はいつだ)清原軍団のメンバー・・・。元木・松井・長嶋さんのコメント

スポンサードリンク

清原和博の禁断症状は大丈夫なのか?(仮釈放はいつだ)清原軍団のメンバー・・・。元木・松井・長嶋さんのコメント逮捕されてからそこそこ日が経った清原和博さん。
すでに夜に泣いていう話や、白状した口調である話はどんどん舞い込んでます。

多くの憶測や周囲のコメントが飛び交う中、
「何としても清原和博さんに復活して欲しい」と、
心温まるエールを贈る方がたくさんいました。

そんな中、やはり心配なのは「禁断症状」との戦いです。

これから清原和博さんが再び球界に復帰には、
釈放後のリハビリが問題です。

誰でも簡単に脱することのできない、
厳しい戦いがこれから待ち受けているのです!

清原和博は禁断症状を断ち切れるのか?再犯しないで復活を遂げる姿を描く

かなりのヘビーユーザーだったと言われている清原和博さん・・・、
逮捕前から禁断症状に苦しんでいると噂されていました。

これから清原和博さんがアレを断ち切るには、
その禁断症状との戦いを制しないといけません。

あのPL学園で地獄の寮生活を乗り越えた清原和博さん。
精神力や我慢強さは、一般の大人よりも強いはずです。

しかし、プロ入り後に入団した西武では、
当時の監督・オーナーに甘く可愛がられたと言うことで、
高校時代の自己を律する力は、衰えたと・・・。

それでも巨人入り後は、素振りに励む姿が目撃されたり、
「肉体改造」という名の、厳しいトレーニングと食事制限をクリアしてきました。

清原和博禁断症状仮釈放いつ時期刑期

清原和博さんが心から「本気で頑張ろう」と思ったことは、
いくら、アレでの禁断症状があっても、乗り越えられるはず・・・、

そう信じたいですし、
これは野球人(元PLの)の精神力を証明するチャンスでもあると思います。

リハビリを乗り越えて、再犯せずに社会に溶け込んで、
球界で立派な活動を続ければ、これまでのことだってゼロにはなりません。

やはり、野球が好きな人からすると、
清原和博さんを忘れることなんてできない・・・、

嫌いであっても、現場で名前を聞く人で居続けて欲しい、

今後の球界に「清原和博」さんがいなくなるのは、
あまりにも寂しすぎますし、
認めたくない現実でもあります。

スポンサードリンク



清原軍団のメンバーとは?

世間では「赤西軍団」「たけし軍団」、
「沢尻会」「軍団山本」など、

何かとカリスマ的な人が、プライベートで後輩を集めて遊ぶことで、
〜軍団と言われるケースがあります。

特徴としては、赤西さんもたけしさんも山本さんも沢尻さんも・・・、
それなりに非凡なエピソードを持ってる強者がボスですね・・・笑。

清原軍団メンバー誰元木長嶋ノーコメント理由松井秀樹

そして清原和博さんも、巷で「清原軍団」と呼ばれるメンツで遊んでいたそうです。
主に六本木など、清原さんが好きな場所で集結していたようです。

清原軍団のメンツで有名なのが、
元木さん、後藤さん、小田さんです。

このメンツは近年集まっていたのか・・・?

孤独ぶりばかりが報道されることを考えると、
引退後の清原和博さんと遊ぶ軍団メンバーは稀だったとわかります。

小田さんはプロの世界で固く、信頼されるポジションにいますし、
後藤さんはコーチとして評判が高いです。

また、元木さんはタレントとして多くメディアに出演。
元プロ野球選手ながらも、トーク力には定評があります。

個人的には引退後に清原さんと元木さんの共演を見たので、
その後も定期的に遊んでいるのかな?と思っていましたが・・・。

清原和博の逮捕後のコメント。元木さん・松井さん・長嶋さん

逮捕後に多くの関係者からコメントが出ました。

元巨人で清原さんと共にクリーンナップを担った松井秀喜さんは、
「ニュースで知りました」「驚いているとしか言いようがないですね。驚いています。それだけです」とコメントしました。

また巨人入りを当時熱望していた長嶋さんはノーコメント。
これに対して、ビートたけしさんは「そういうバカなこと聞くなよ、長嶋さんに。ねぇ…ふざけやがって」とフォロー。
立場的にあまり余計なことが言えないということで、あえてコメントはなかったのでしょう。

しかし、1つ気になるのは元木さんのノーコメントです。

かつては清原軍団と呼ばれるメンツのNo.2だった男なのに・・・。

引退後も、それなりに共演もあった二人のはずですが、
やはり、すでに絶縁関係にあったということですかね・・・?

清原さんの孤独を誘った決定打の中には、
長渕さんや桑田さんとの絶縁の他にも、
可愛い後輩であった元木さんの不在も痛かったのでしょう。

桑田さんはすでに前向きなコメントで、
人生の逆転満塁ホームランを打って欲しいとエールを贈ってます。

やはり、最後に残るのはPL時代の戦友という・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です