佐藤世那(オリックス)は怪我せずキャンプを過ごせるのか?弟は今後の仙台育英を背負う

スポンサードリンク

佐藤世那(オリックス)は怪我せずキャンプを過ごせるのか?弟は今後の仙台育英を背負う昨年の夏の甲子園は大いに盛り上がりましたが、
その中でも準優勝した仙台育英のエース・佐藤世那投手には注目が集まりました。

佐藤世那投手のピッチングは、東海大相模の小笠原投手に負けない貫禄があり、
その秋のドラフトでは当然、上位で指名されると予想されていました。

しかし、ドラフトが始まってみると、佐藤世那さんの名前はなかなか呼ばれず・・・、
結果、6位でオリックスに指名されました。

佐藤世那は怪我しないでオリックスのキャンプを過ごせるのか?

佐藤世那キャンプオリックスアーム投げ怪我

佐藤世那さんがプロのドラフトで上位で指名されなかった理由に、
怪我の可能性の高いピッチングフォームがあったとされます。

佐藤世那さんのフォームは、いわゆる「アーム投げ」という、
非常に怪我のリスクの高い投げ方をしていたのです。

この点で、プロのスカウト的には、上位での指名に迷いが出たということだったのです。

よく、期待のルーキーがキャンプの段階で怪我する話はあるので、
佐藤世那さんも、この1年目でのキャンプで怪我をしないか心配です。

しかし、本人はアーム投げに誇りを持っており、
フォームに負けない体作りに励んでるようです。

もし、佐藤世那さんが怪我をしないで健全な野球人生を歩んだとしたら、
それは革命的というか、野球の常識を変える快挙になりそうです。

スポンサードリンク



佐藤世那の弟は今後の仙台育英を背負う?

実は、佐藤世那さんには2つ年下の弟がいるのです。
そして、弟も野球をやっており、なかなかの実力・・・

そしてそして、弟さんが野球をしている高校というのが、
佐藤世那さんと同じ、宮城の名門「仙台育英」だというのです。

佐藤世那さんの弟の「佐藤令央」さんは1年生ながらも上位チームの試合に登板。
11番の背番号を背負い、3年生と互角に奮闘しているようです。

やはり遺伝子というのは素晴らしいですね・・・あれだけ甲子園で活躍した兄貴がいるなんて、うらやましい境遇です。

佐藤世那仙台育英弟佐藤令央
きっと、家に帰っても、良い刺激をもらい続けているのでしょう、今年はプロ野球選手だから、モチベーションはなおさら高そうですね。

東北勢での夏の甲子園優勝は、311以来、地域の人のロマンであり続けると思うので、
東北きっての名門である仙台育英になって、昨年に王手までかけた期待感は続くことでしょう。

今年の夏の甲子園に、佐藤世那さんの弟が上がり、全国制覇を狙う日も遠くないはずです。
2年生なので、今年がダメでも来年もあります。

今後も、素晴らしい兄貴に負けずに、甲子園のマウンドで輝いて欲しいですね!

その分、兄貴はプロ野球でどこまで逆進できるのか、ドラフトの下位のハングリー精神をもとに、負けじと頑張って欲しいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です