嶋尾康史の現役時代の成績。火の粉や軍師官兵衛では大根?結婚と嫁に関して

スポンサードリンク

嶋尾康史の現役時代の成績。火の粉や軍師官兵衛では大根?結婚と嫁に関して元プロ野球選手の役者として話題になった嶋尾康史さん。
嶋尾康史さんは高校時代に元メジャーリーガーの長谷川滋利さんと共に甲子園で活躍しました。

嶋尾康史現役時代成績元プロ野球選手役者俳優

東洋大学付属姫路にて主力選手として実績を残し、当時からプロ注目の超高校級の逸材でした。
そんな嶋尾康史さんはプロからも注目されており、最終的にはドラフトで阪神に入団してます。

嶋尾康史さんは投手として最速130キロ台後半に、キレのあるスライダーが魅力でした。
また身長188センチという恵まれた体格も、プロ受けが良かったようです。

嶋尾康史のプロ野球選手時代の成績

嶋尾康史さんは1986年のドラフトにて、
2位で阪神タイガースから指名されています。

高校時代に甲子園でベスト8まで駆け上がった実績を提げ、
当時の阪神ファンからは期待されていました。

しかし、嶋尾康史さんは1軍のマウンドに立つ機会が少なく、
ようやく安定した防御率を残せたシーズンもありましたが、
怪我で覚醒までに引退を決断してしまいました。

嶋尾康史さんのプロ野球選手としての通算成績は、
3勝7敗1セーブ防御率4.06でした。

引退後は俳優の道に進みました。

スポンサードリンク



嶋尾康史の俳優として・・・大根ではない?

嶋尾康史さんは元プロ野球選手という異例に経歴にて、
俳優の道を進み、「魚心あれば嫁心」からキャリアを着実に踏みました。

人気ドラマ「やまとなでしこ」では野球選手役を、
映画「ミスター・ルーキー」では阪神の4番打者役をと、
元野球選手という経歴を生かしたキャスティングも多くありました。

しかし、当時の嶋尾康史さんは「さすがに大根じゃない?」と、
ルックスと経歴に甘えた役者だと誤解されることもありました。

やはり、実力的な部分で純粋に評価されない壁はあったようです。

嶋尾康史の「火の粉」と「軍師官兵衛」

嶋尾康史大根火の粉軍師官兵衛結婚嫁

嶋尾康史さん出演の作品で評判が良かったドラマは「火の粉」ですね。
2005年にテレビドラマ化されました。

サスペンス色のある難しい物語り理でしたが、嶋尾康史さんは好演し、
このドラマでは役者としての評価を大幅に上げたとされてます。

また、2014年には「軍師官兵衛」にも出演し、
話題作でも、違和感なく好演できる実力を証明しました。

嶋尾康史の結婚と嫁

実は嶋尾康史さんは未だに独身だという説が強いのです。
これまでにプロ野球選手に役者と、世間ではモテる類の職業を続けているのに、不思議とされてます。

しかし、野球選手としての嶋尾康史さんも、
俳優としての嶋尾康史さんも、
「これからが大変」という雑草的な立場でいる歳月が長かったので、
嫁をもらっている時間も少なかったと推測できます。

もう年齢は47歳ということで、
この先に良い出会いがあると良いですね!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です