阿部慎之助の年俸が大幅ダウン(2016)!これまでの推移(2014年2013年2012年)トークショーが面白い?

スポンサードリンク

阿部慎之助の年俸が大幅ダウン(2016)!これまでの推移(2014年2013年2012年)トークショーが面白い?今年、ついに優勝を逃してしまった巨人ですが、その背景には正捕手が手薄だった部分があります。

特に阿部慎之助さんはシーズン前からキャッチャーとしてではなく、ファーストとして2015年シーズンを迎えると、本人も関係者も断言してました。

阿部慎之助年俸減棒推移20122013201420152016

しかし、シーズンが始まってみると、正捕手として期待された小林選手がベンチに入ることが増え、阿部慎之助さん急遽マスクをかぶる場面などがありました。

阿部慎之助さんは軸がぶれぶれだった影響もあってか、集中できるはずの打撃には集中できず、結局は本来の実力とは程遠い成績に終わりました。

このオフでは年俸が大減俸・・・・巨人史上2番目の減俸差となったようです。

阿部慎之助の年俸の大幅ダウン(2015年〜2016年)

今年の阿部慎之助さんの年俸は5億1000万と、
歴代の巨人のスター選手の中でも、トップクラスの年俸が推定されていました。

しかし、シーズンが始まってみると、チーム状況に引っ張られる形で、なかなか活躍ができませんでした。

そして、このオフには年俸が5億1000万から3億2600万まで下がり、その減俸額は1億8400万と、巨人選手史上でも、過酷な大減俸を喫しました。

来季2016年の年俸が減ったことに対しての阿部慎之助さんは、
自分の今年の数字の悪さなど、さまざまな面を反省し、特に異論なく終えました。

今の巨人はチームが変わるタイミングとしては重要ですね。
阿部慎之助さんのベテランとしての存在も大切です。

阿部さんは高橋新監督を「男にする」と、来季でのチーム貢献に対して、熱い気持ちを語ってます。

スポンサードリンク



阿部慎之助の年俸推移

阿部慎之助さんは若くして巨人でレギュラーを掴み、
一時期は例年打撃タイトルを獲得するなど、
その活躍ぶりは近年の巨人の中でも別格のものでした。

記憶に新しいのは第三回WBCでは4番を任されるなど、その球界でのスター性は素晴らしかったです。

そんな阿部慎之助さんの年俸推移の内容がすごいです!

2011年33歳4億
2012年34歳4億
2013年35歳5億7000万
2014年36歳6億
2015年37歳5億1000万

5年以上も4億以上の年俸をもらってたわけです・・・。
税金を払っても2億は好きに使えますね、すごいです。

阿部慎之助さん打撃成績としてだけではなく、
正捕手やキャプテンとしてのチーム貢献など、
その評価には多くのプラスαが働いてたことでしょう・・・。

プロ野球で何年も巨額の年俸をもらうには、
やはり強豪で捕手で主軸が一番なんですかね?

阿部慎之助のトークショーが面白い?

阿部慎之助トークショー

阿部慎之助さんは野球教室を兼ねてトークショーを行うこともあるようです。

バラエディやインタビューでも阿部慎之助さんのトーク力は野球選手としてはなかなかで、そのトークショーで話された内容が気になります。

ここ数年の阿部慎之助さんは怪我などの影響もあって、
何年も続いてた数字からは遠ざかってます。

そのことに因んだ、生々しい話もトークショーで聞けたことでしょう。

特に今年の巨人は波乱万丈で、チームの状況を近くで見守っていた阿部慎之助さんの口から、来季に向けてどのような話が聞けるのか?


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です