中田翔と筒香嘉智のコンビは驚異!守備やエラーの面でも良い信頼関係を築く

スポンサードリンク

中田翔と筒香嘉智のコンビは驚異!守備やエラーの面でも良い信頼関係を築く絶好調のプレミア12での侍ジャパン。
特に6番に座る中田翔さんの打撃面での奮闘は驚愕です!

中田翔筒香嘉智コンビ守備エラー

中田翔さんが決勝打を放った試合は多く、
前回のWBC参加時点との存在感の違いは明確、
この数年で一気に覚醒を果たしたのです。

今の侍ジャパンの強みといえば、
5番筒香嘉智と6番中田翔と驚異の並び。

このコンビは、大会前に騒がれた、
山田哲人選手と柳田選手のコンビを、
すでに超えているのかもしれません。

中田翔と筒香嘉智が並ぶ打線は最強?プライドと偏見

今年の中田翔選手は日本ハムの4番として30本をクリア。
一方の筒香嘉智選手は横浜の4番として打点を稼ぎまくりました。

小久保監督は当初、中田翔さんの4番にこだわりましたが、
大会が始まってみると、4番には大阪桐蔭の先輩の中村選手。

5番には筒香嘉智選手で、6番に中田翔さんが来る格好となってます。

この並びは単純に、4番の中村選手が右バッター、
そして5番の筒香嘉智さんが左バッター、
相手投手の嫌がる左右のバランスの考慮した打線を組むために、
右バッターの中田翔さんを6番に置いているのでしょう。

しかし、小久保監督は中田翔さんに対して、
どこに置かれても4番らしい存在を望んでいるようで、
打順の並びにこだわらない打線を作ったようです。

この並びの恐怖は、プレミア12を通じてすでに証明されており、
右投手、左投手と、どんな投手が投げても、どこからでも点が取れる打線が完成されています。

筒香嘉智さんと中田翔さんのコンビ・・・、
まだ25歳と26歳のコンビなので、
しばらくは国際試合では馴染み深いコンビになることでしょう!

スポンサードリンク



筒香嘉智と中田翔は守備の面でも良い関係?痛恨のエラーもフォロー

シーズン中には外野を守ることもある中田翔選手。
若い頃こそ、守備に対する苦言はありましたが、
現在ではしっかり外野の名手となっています。

そして、筒香嘉智さんも外野手です。
プレミア12では痛恨のエラーを喫してますが、
その後に中田翔さんがタイムリーを放ち、筒香嘉智さんをフォローしました。

その試合後の中田翔さんは、
自身の結果と筒香嘉智さんのエラーに関して、

「僕も普段、エラーしてみなさんにカバーしてもらっている。筒香が目測を誤って点を取られた時に何とかしてあげたいと思った」

↑こんなイケメンな発言をするキャラだったのでしょうか?
この大会を通じて、中田翔さんのイメージは大きく変わることでしょう。

筒香嘉智守備痛恨エラー中田翔

筒香嘉智さんも「後ろに中田さんがいる」と気楽な気持ちで打席に入れてるそうです。

実際に大会を通じての中田翔さんと筒香嘉智さんの活躍は、前評判を遥かに上回る内容となってます。

中田さんは「筒香が打ったから」
筒香さんは「中田さんが打ったから」

↑こんなことが言い合えるなんて、素敵な関係ですね!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です