巨人が金伏ウーゴを獲得(育成選手)。WBCと引退について

スポンサードリンク

巨人が金伏ウーゴを獲得(育成選手)。WBCと引退について巨人が、ヤクルトを戦力外になっていた金伏ウーゴ選手を獲得したようです。
育成選手としての獲得で、背番号は025番に決まりました。

金伏ウーゴ巨人獲得トライアウト育成選手

なかなか支配下から1軍のマウンドを経験できなかった金伏ウーゴ投手。
今度は新天地の巨人にて、1軍での活躍を期待したいですね!

金伏ウーゴのトライアウトでのピッチング

金伏ウーゴさんは11月10日の合同トライアウトに参加し、
そこで最速146キロの球を投げ、三者凡退と最高のアピール。

結果、巨人との育成契約が実現したわけですが、
ヤクルト時代からの課題のコントロールの改善は、
今後も同じくテーマとして残りそうです。

ブラジル出身の26歳ということで、
若さも身体能力の高さもあります。

この先、しっかりと覚醒してほしいですね!

スポンサードリンク



金伏ウーゴはブラジル代表としてWBCに参加

金伏ウーゴさんはヤクルト時代に、WBCのブラジル代表に選出され活躍、
しかし同年にトミージョンを受けるなど、不運も多くありました。

当時のWBCでは「もしブラジル人が本気で野球をやったら?」という話題もありました。

実際に当時のブラジル代表は、プレー自体は荒いものの、潜在能力が高く、どの選手も変わったアプローチのプレーに見えて素敵でした。

金伏ウーゴ引退戦力外WBC

ブラジルという国で野球が流行るには・・・って考えたときに、
金伏ウーゴさんのような選手が日本プロ野球で成長して活躍して、
WBCなどといった国際試合でブラジル代表を上位までに導き、
国民の関心を引くしかないですね。

世界中の野球の発展のことも考えれば、
金伏ウーゴさんのような選手は活躍することは、
野球の明るい未来につながるとおもいます。

そういう意味でも、ぜひ応援したいですね!

金伏ウーゴは引退宣言をしていた?

金伏ウーゴさんは今季でヤクルトから戦力外を通告された時点で、
一時期、引退宣言もしてました。

まだまだ若い選手の引退宣言に、残念な気持ちになったのを覚えていますが、今こうやってトライアウトに参加して巨人に入団できてよかったです!

やはり、ブラジルの野球発展・・・って考えると大げさですが、
金伏ウーゴさんの引退はもったいな過ぎます。

このままプロ野球の世界で、行けるとこまで行って、将来ブラジルの子供に野球を教えてほしいですね!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です