戦力外の竹原直隆がトライアウトで西武に背番号6で獲得される!オリックス時代の転倒ランニングホームランの思い出。

スポンサードリンク

戦力外の竹原直隆がトライアウトで西武に背番号6で獲得される!オリックス時代の転倒ランニングホームランの思い出。今季でオリックスから戦力外通告を受けていた竹原直隆さん。
トライアウトに参加した結果、西武に獲得が発表されました。

竹原直隆西武トライアウト獲得背番号6

西武は竹原直隆さんに多いに期待を抱いており、
背番号はまさかの6番に決定しました。

35歳のフルシーズン出場経験のない選手にしては、
まさかのサプライズ待遇に、本人もびっくりしてるようです。

竹原直隆が背番号6に!トライアウトでは絶好調だった

竹原直隆さんの西武での背番号はまさかの6番。
本人は「自分がなんかが付けていいのかという気持ち」と、
西武に頂いた背番号に関しては、素直に重たいと語ってます。

西武の1桁番号を、戦力外を受けたばかりの、
トライアウトあがりのベテランがつけるとは・・・、
これまでのプロ野球の歴史の中でも珍しいことです。

ただ、なぜ西武がここまで竹原直隆さんに期待するのか?

竹原直隆さんはもともと打撃の良い選手で、
フルシーズン出場さえ実現すれば、なかなかの数字が残せる選手だと思われていました。

竹原直隆さんは日南キャンプで2日で3安打2打点の勝負強さをアピールし、得意の打撃の評価を見事に生かした格好となりました。

スポンサードリンク



竹原直隆のオリックス時代の転倒からの被ランニングホームラン

竹原直隆さんはオリックス時代に、プロ野球史上珍しい珍プレーを披露してしまっていたのです。

それは2014年の5月5日。
4番レフトで出場していた竹原直隆さんでしたが、
初回の初球にてレフトに上がった飛球を追ってる際に、
足をかけて転倒してしまったのです。

結果、竹原直隆さんは初回初球ランニングホームランを、
自分の転倒によって実現させてしまったのです。

プレーのあとの竹原直隆さんは、
なんとも気まずそう・・・仕方ないですね。

竹原直隆転倒ランニングホームラン

実際に外野って焦りますよね。
特に初回の初球となると、また緊張しますね。

ちなみに竹原直隆さんは、ロッテ時代に打者として、
打ってもランニングホームランを記録したことがあるようです。

こんなにもランニングホームランに運命を導かれる選手がいたのでしょうか・・・・笑。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です