ポスティングでメジャーを目指すバーネット。ヤクルトでも「実はいいやつ」で有名だった?

スポンサードリンク

ポスティングでメジャーを目指すバーネット。ヤクルトでも「実はいいやつ」で有名だった?今年のヤクルトの優勝に多いに貢献したトニー・バーネット投手。
シーズンが終わってみれば、バーネット投手の残した41セーブはリーグ最高で、最後の最後で再び「セーブ王」というタイトルを獲得しました。

バーネットヤクルトポスティングメジャー

そんなバーネット投手は今季のオフ中に、
ポスティングシステムを利用しての、
メジャー入団説が温厚となっています。

実際にバーネット投手のポスティング金額も明確に報道されるんど、
来季でのメジャー移籍はほぼ確実なものとなっています。

バーネットのポスティング金額は6000万。メジャーからはラブコール?

バーネット投手さんのポスティングの金額ですが、
明らかになっている額で約6000万です。

今のところメジャーの8球団が応えているようで、
このオフ中での移籍先の球団の決定は温厚でしょう。

一時期、メジャーの参加でプレーしていたバーネット投手ですが、
日本に来てから劇的に進化したようで、メジャー側からも評価が高いようです。

バーネット投手的には長年夢見ていたメジャーでの躍動が、
来季、叶うかもしれないということで、毎日胸を弾ませていることでしょう。

実際には会見でバーネット投手は、
メジャーに挑戦できる喜びを述べて、
そのために協力してくれてるヤクルトに感謝してるようです。

こうやって、助っ人選手が日本の球団を経由してメジャーに挑戦できるってパターンも増えてきてます。
クローバルな社会になっていってるのは、スポーツの世界でも同じなのですね。

スポンサードリンク



バーネットは実はいいやつ?

バーネット投手といえば、相手選手や心配に噛み付くことの多い選手ですが、「実は良いやつ」とも言われているのです。

今回、ポスティングでメジャーに挑戦すると明かした場でも、
「感謝」という言葉を、心を込めて律儀に語っていました。

とてもクールで大人びた対応のバーネット投手を見て、
きっと多くの人が驚いたことでしょう。

ただ、野球の試合となればカッカしてしまうのでしょうか?

メジャーにいっても、あのイライラしやすい癖が心配ですね・・・笑

日本シリーズやクライマックスシリーズで自分が受けた声援に感動しているようで、バーネット投手はその声援を絶対に忘れたくないと語りました。

バーネットイケメン良いやつ性格

ファンも、実はここまで自分たちの声援を大切にしてくれたなんて、考えるだけで泣けてきますね。

バーネット投手はイケメンでもあるので、不器用にまっすぐ生きる生き様が、今後も注目されることでしょう。

もしかしたら、ヤクルトファンの誰かも、メジャーまで遥々バーネット投手を応援に駆けつけるでしょう!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です