アーロム・バルディリスの去就は退団!来季も残留すると思われたが・・・。移籍先の球団は?獲得合戦になるのか

スポンサードリンク

アーロム・バルディリスの去就は退団!来季も残留すると思われたが・・・。移籍先の球団は?獲得合戦になるのか横浜DeNaに所属していたアーロム・バルディリス選手が、
来季、残留せずに退団することが決まりました。

アーロム・バルディリス戦力外通告退団

今年は横浜でも出場が多くが、来季も構想に入っていると思われ、残留が温厚だと見込まれていましたが、まさかの退団でした。

多くのファンが残留を望んだことでしょう、横浜には少ない長距離バターなのですから・・・

アーロム・バルディリスの去就の意外な結末。残留してほしかった?

しかし、アーロム・バルディリスさんの去就に関しては、
退団か残留かを考えたときに、どちらにも賛否両論で、
誰もが彼が横浜に残留するべきだとは思ってなかったようです。

アーロム・バルディリスさんは活躍の兆しを見せながらも、
例年シーズンを通して安定した活躍ができていませんでした。

すでに32歳という年齢のことも考えれば、
この先はじっくり若手にチャンスをあげたほうが、
将来の横浜の為だと思われているのでしょう。

しかし、監督のラミレスさんも、
アーロム・バルディリスさんの去就に関しては、
それなりに厳しく判断を加えたのですかね?

助っ人選手に対する特別な目はゼロということが、
今回のアーロム・バルディリスさんの退団で明らかですね。
(当たり前ですけど)

スポンサードリンク



アーロム・バルディリスの移籍先。国内に獲得した球団はあるのか?

常に年間2桁の本塁打は確実に放ってくれるアーロム・バルディリス選手。
守備はサードとファーストを器用にこなすこともでき、欲しがる球団はどこかしらあるかもしれません。

しかし、アーロム・バルディリスさんには20本は確実に打ってくる信頼があってほしかったですね、それがあれば獲得したがる球団なんていくらでもあったことでしょう。

現在のアーロム・バルディリスさんの32歳と年齢のことも考えれま、複数契約はありえず、移籍先のチームが決まっても単年契約になることでしょう。

アーロム・バルディリス去就残留移籍先獲得球団

阪神、オリックス、横浜と渡り歩いた日本に来てからのアーロム・バルディリスさんですが、
もともと所属していたチームに出戻る確率は低いです。

戦力外通告や交渉でのゴダゴタもやってるので、
移籍先に過去いた球団は候補にならなそうです。

キャラ的にはファンに受け入れやすく、
また、コーチや監督に対する礼儀正しさもあります。

人として愛される選手なので、この先も日本で見たみたい助っ人選手ですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です