高橋由伸への監督要請。選手兼任監督としての由伸決定の可能性。引退せずに現役にこだわる姿勢が・・・

スポンサードリンク

高橋由伸への監督要請。選手兼任監督としての由伸決定の可能性。引退せずに現役にこだわる姿勢が・・・巨人の新監督をめぐり、
江川卓さん、川相昌弘さん、
そして高橋由伸さんが要請を受ける可能性があるとされてました。

高橋由伸監督要請

今季で幾度ものリーグ優勝を日本一をもたらせた、
原辰徳監督が辞任辞任したということで、
その後の監督の憶測は、あらゆる視点が集まってます

高橋由伸へ監督要請は確実?

原辰徳監督の退任会見の後に、
白石オーナーは、「新しい風を吹き込んでくれる人」と、
今後の新監督を決定するのあたっての理想を述べてました。

川相昌弘さんは、今季のコーチ陣の中心にいた人物なので、
新しい風・・・という意味では適していないとされます。

江川卓さんも、他の活動や本人のこともあると考えて、
巨人の監督要請を飲み込める可能性は低いです。

そう、考えると、高橋由伸さんが一番可能性として高いですね。
おそらく、すでに球団から監督要請を受けてことでしょう。

スポンサードリンク



高橋由伸の現役続行の意思と、選手兼任監督としての決定の可能性

すでに40歳を超えるベテラン選手となった高橋由伸さんですが、未だに現役にこだわっているようです。

この由伸選手の現役への執着が、今後、監督を任すにあたってプラスになるのか、マイナスになるのか・・・・・。

引退宣言がないとして、監督要請を飲み込むとすると、
高橋由伸さんは来季から「選手兼任監督」という扱いになります。

この場合、冷静に指揮を任せることができるのか・・・、
かつて原辰徳さんは、由伸選手のことを「意外とカリカリしやすい」と語ってました。

高橋由伸選手兼任監督可能性決定

監督として、どっしりと任せたいと考える方もいる一方で、
「未だに勝負強い」打撃能力を持ったまま、兼任監督になることへの魅力を感じる方も多いようです。

高橋由伸さんは、今季も代打として登場した打席で、
幾度もチームの得点に絡みました。

選手兼任監督の醍醐味の「代打オレ」を由伸さんが決行し、
弾丸アーチを描いてしまった日には、男女関係なしに「カッケー!」という絶叫が響くことでしょう。

本当に、由伸さんが選手兼任監督に決定したら、
ロマンありすぎて、涙多すぎて・・・笑


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です