大野奨太のFAの行方は?嫁の梨衣子さんと移籍先。応援歌が切なくなる・・・

スポンサードリンク

大野奨太のFAの行方は?嫁の梨衣子さんと移籍先。応援歌が切なくなる・・・今季でFA権を取得する日本ハムの大野奨太捕手。
キャッチャーとしてリード面で高評価されており、
このオフでは他球団に目視されると言われてます。

大野奨太FA移籍先阪神横浜DeNA中日

大野奨太さんは2008年にドラフト1位で日本ハムに入団し、
7年間、同チームで捕手として活躍してました。

打撃の面では、そこまで数字は残さないですが、
28歳の若さで洗練されたリードで、多くの野球解説者に絶賛されています。

大野奨太のFAの移籍先候補に横浜DeNAと阪神と中日?

今年のペナントレースでは、多くの球団が正捕手不在という状態で戦いました。
規定出場を達成した捕手は、ヤクルトの中村捕手と西武の炭谷選手のみで、
その他のチームは、常に若手とベテランなど、2人制3人制で捕手を使い分ける起用をしてました。

捕手のリード面で評価の高い大野奨太選手は、
このFAとなるオフに、多くの球団に移籍を望まれる逸材になりそうです。

すでに横浜DeNAが大野奨太さんを目視してるとの声もあり、
その他、阪神と、地元である中日も可能性として考えられます。

プロ入団以来、ずっと北海道の大野奨太さんですが、
結婚した女性も札幌在住の女性でした。
この部分を見ると、このオフの移籍先に少なからず関わってくるのではないですかね?

スポンサードリンク



大野奨太の嫁の梨衣子さんと移籍先

大野奨太さんは北海道日本ハムで7年間プレーしており、
2010年のオフには現在の嫁の「梨衣子」さんと結婚を果たしてます。

嫁の梨衣子さんが札幌在中の方だったということで、
おそらく、現在は北海道にて結婚生活を送っているのでしょうか?
仮にそうだとしたら、このオフのFA行使に少しは関係が出てきそうです。

単身赴任で北海道を離れてプレーするのか、
もしくは地元に近い中日に家族で移ってプレーするのか、
それとも、日本ハムに残留するのか。

このオフの大野奨太さんのFA行使は、野球選手と家族の関係が垣間見れる決断になりそうです。

かつて、小笠原選手が巨人に移籍した背景にも、家族との関係が影響しましたし。

大野奨太の応援歌の歌詞の一部の「夢見たこの場所で」

大野奨太嫁梨衣子応援歌

球場に足を運んで、一番にびっくりするのは、
選手ひとりひとりの応援歌と歌詞の充実です。

あれだけの人数の人が、大声で合唱するんですから、
その思入れは半端ないことでしょう。

大野奨太選手の応援歌の歌詞は
「守りの要 夢見たこの場所で チームを背負い 更なる高み目指せ」

この「夢見たこの場所で」という部分があると、
このオフのFA行使が、とても切ない選択に思えます。

やはり、大野奨太さんがベテランになって、
捕手として一番輝く時期に、
日本ハムにいてほしいと願う方は多いでしょう・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です