多村仁志が戦力外通告で退団。引退の可能性と、中畑監督からの構想外?

スポンサードリンク

多村仁志が戦力外通告で退団。引退の可能性と、中畑監督からの構想外?今日、多村仁志さんが岡島投手とともに横浜から戦力外通告を受けました。

多村仁志戦力外退団

多村仁志さんは長く横浜でプレーした選手として貢献し続けていたので、
39歳の引退近くでの当球団からの戦力外通告に、酷に思う方が多い方が多いようです。

今年2015年の多村仁志さんの出場試合はわずか4試合と、
年々減っていた出場機会が、さらに激減した一年でした。

多村仁志が戦力外で退団すると横浜のベテランは?

多村仁志さんは地元が神奈川県、高校も横浜高校。
高校を卒業したのちに入団したチームも横浜ベイスターズでした。

2007年から2012年までソフトバンクに在籍していた時期もありましたが、
その野球人生の拠点の多くは神奈川で、横浜という場所でした。

地元に強い選手として長く横浜に関わった大事なベテラン選手なのですが、
今回の戦力外通告での退団からは、多村仁志さんの花道を作る気のなさを感じました。

現在の多村仁志さんは39歳。
怪我は多くても、試合に出場できる機会はゼロではない選手で、
活躍する可能性もまだあります。

この多村仁志さんの退団劇は、
一部のファンにとってはトラウマのような事例になるかもしれません。

スポンサードリンク



多村仁志と中畑監督。構想外への影響

ここ近年、横浜の指揮を担っていた中畑監督ですが、
今シーズンは一時Aクラスを確保するも、後半に失速してしまいました。

チームを変えるために中畑監督は多くの時間を使い、
様々なことを試行錯誤してきて、横浜を蘇らせました。

そんな中畑監督時代になってからの多村仁志さんですが、
昨年の夏頃に「無気力に見えた」と言及されたことがあったようです。

多村仁志中畑構想外

昨年も多村仁志さんは怪我に苦しみ、
思うようなプレーができないでいました。

中畑監督的には、そのような事情は誰にでもあると、
あくまで多村仁志さんに対して厳しかったようです。

ベテラン選手としての姿勢を理由に、交代したこともあったようです。

体の痛みを抱えて仕事することの大変さは、
当の本人にしかわからない辛さなので、
この部分はあまり突っ込みにくいです。

熱血な中畑さんとクールな多村仁志さんが、
相性の良い関係のようには見えなかったのは確かです。

構想外として考えるとしたら、
少なからず影響があったことでしょう。

多村仁志の引退の可能性

多村仁志引退

怪我さえなければまだまだ現役でプレーができそうな多村仁志さんですが、
いつ引退を発表してもおかしくないです。

現在39歳になった多村仁志さんですが、
ホームランは打てる選手で、出場試合数さえ確保できれば、
今だに15本は打てそうな雰囲気をもってます。

しかし、体の痛みは深刻なようで、
なかなか試合に出場し続けることはできないようです。

もし、多村仁志さんが引退するならば、
最後は横浜だろうなと予想していたので、
今回の戦力外は意外でした。

この先、横浜以外で花道を作って引退するのが、
どこかで、しっくりと発表して引退するのが、
多村仁志さんの動向が気になります。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です