河内貴哉(広島)が戦力外で引退決意。2013年の見せたドラ1最後の意地

スポンサードリンク

河内貴哉(広島)が戦力外で引退決意。2013年の見せたドラ1最後の意地広島カープに99年ドラフトにて1位で入団し、
2015年現在までに16年間、広島一筋の野球人生を歩みました。

河内貴哉引退戦力外

河内貴哉さんは10月1日に広島カープから戦力外を受けて、
「心は生涯カープと決めていた」と、このまま引退することを思案する発言をしてます。

黒田さんの復帰も男気ですが、
河内貴哉さんのこの発言も、充分に男気があります。

河内貴哉の引退

現在33歳の河内貴哉さんにとって、
今回の戦力外を機に引退することは、
特に違和感のないことです。

1999年の河内貴哉さんは、
高校生ながら、当時では破格の1億の契約金で入団しました。

ルーキーイヤーには1勝をあげ、
1軍での起用は度々ありましたが、
フォームの改造、怪我などで結果はイマイチ、

今季での戦力外は、本人も納得しているように感じてます。

河内貴哉さんは結果自体はそうでもないですが、
投げる球の質は、テレビを通しても素晴らしく、
常に心のなかで「いつかこの投手は・・」と、
いくつになっても期待を抱かせる選手でした。

スポンサードリンク



河内貴哉は2013年に大記録!ドラ1の最後の意地となった・・・

ずっと2軍と1軍を行ったり来たりしていた河内貴哉さんですが、
2012年には1軍で1482日ぶりの勝利を収めるなど、
復活&覚醒の兆しを見せていました。

そして、2013年シーズンの河内貴哉さんは、
交流戦に入った途端に、ずっと無失点投球を続け、
最終的には21試合連続無失点を記録したのです。

河内貴哉2013

30歳を過ぎたあとに、大物ドラ1の選手が、
最後の意地をみせた瞬間だったことでしょう。

しかし、それでも、次の年と今年と・・・、
なかなか運にも恵まれない選手選手生活でした。

河内貴哉さんは黒田さんを古くから尊敬しており、
黒田さんの前広島時代とメジャー時代、
そして広島復帰時代、すべてを広島から見続けた選手です。

河内貴哉黒田出身高校

黒田さんの復帰が決まった今年の1月のコメントでは、
「プラスでしかない。精神的にも技術的にも支柱。人間的にも素晴らしいし、どれだけチームのプラスになるのか楽しみ」
と、黒田さん復帰に喜びの表情を込めていました。

引退する最後の年に、
河内貴哉さんと黒田さんが同じユニフォームを着るのは、
なんだか、とてもロマンがあって素敵ですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です