中日の山本昌が引退表明。「引退しろ」←誰も言わせない凄さ。突き指の悲劇を引退試合までに・・・

スポンサードリンク

中日の山本昌が引退表明。「引退しろ」←誰も言わせない凄さ。突き指の悲劇を引退試合までに・・・ずっと今季での引退が噂されていた中日ドラゴンズの山本昌さんが、
ついに引退を正式に表明しました。

中日山本昌引退突き指

山本昌さんの引退は、わかっていたとしても、
いざ、正式に公表されると、実感できないです。

これまで、幾度も引退を囁かれ、それを跳ね返し、
山本昌さんの長い野球人生に、ようやく終止符が打たれるのです。

今年で50歳でのシーズンを迎え、1軍登板は少なく、
昨年時点でも年間で3試合しか登板ならず、
中日ファンにとっては、山本昌さんの元気な姿は懐かしささえあります。

中日ドラゴンズは山本昌さん以外にも、
谷繁さん、小笠原さん、朝倉さん、和田さんと、
多くの選手が引退を表明していますが、

日本一を成し遂げた年の、馴染み深いビッグネームが、
中日から一気になくなると考えると、
来季以降のファンの心情は、想像を絶するものがあると思います。

落合監督の解任から、OB組への移行、そして谷繁選手兼監督・・・落合GM。
2015年の今年は、チームを支えたベテラン組の一掃。
この先どうなる、本当にどうする?

「引退しろ」と山本昌さんが言われない理由

50歳になるまで山本昌さんが現役でやってくると想像したのはいつからでしょうか?
個人的には43歳時点で11勝を挙げたときから「山本昌は50までやってほしい!」と願いました。

連日スポーツ紙に出る「山本昌(45)」「山本昌(48)」という文字と、
若々しく見える外見の写真は、生きるレジェンドそのもの。
きっと多くの方が、何が何でも山本昌さんには50歳まで現役であり続けてほしいと思ったことでしょう。

実際に、ここ最近の1軍でも成果のない山本昌さんに対して、
「引退しろ」などいう声は全然ない・・・・はず?

ただ、山本昌さんに対してそのような声がなかったのも、
落合GMに代わって、年俸が下がったこともあるでしょう。
仮に、高年俸をもらい続けていれば、「引退しろ」ぐらいは言われたかも?

スポンサードリンク



山本昌の「突き指」の衝撃

今年ラストの2015年シーズン。
今のところ山本昌さんは1軍で1試合しか投げてないです。

その山本昌さんが投げた唯一の試合が、
8月9日のヤクルト戦でした。

ヤクルト戦での山本昌さんは、まさかの「突き指」が原因で降板。
当初は、大きな症状が抱えていて、それが悪化して降板したのだと思いましたが、
まさかの「突き指」が原因ということで、多くの方がショックを受けました。

そして9月25日に引退を発表したということで、
年齢への負担が、最後の最後に来たような感じに思えました。

ちなみに山本昌さんの引退に対して、岩瀬投手は、
「ショックというか信じられない」とコメントしているので、
岩瀬さんは来年も現役を続けることでしょう。(岩瀬さんももしかして?と思ってたので)

引退を発表した直後に原監督(巨人)、黒田投手(広島)などから、
最大の敬意を表するコメントをもらっています。

山本昌引退試合しろ

ただ、このまま黙って2軍で引退してほしくない・・・というのは本音です。
絶対に引退試合は決行してほしいですし、
最年長記録も・・・・ファンってわがままですね、すみません。

今年のシーズンが始まる前は、
山本昌さんの最年長記録は、
当然のように達成されると思っていたのに。

やっぱり、プロ野球って怖い。
そしてすごい世界です。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒガシモトヤエ より:

    昌さんお疲れ様でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です