武田翔太が「レジェンド」と呼ばれる理由のカーブ。UVERworldの登場曲のインパクト!・・・彼女に注意

スポンサードリンク

武田翔太が「レジェンド」と呼ばれる理由のカーブ。UVERworldの登場曲のインパクト!・・・彼女に注意常勝軍団のソフトバンクにあって、今季若くして12勝(現時点)武田翔太投手
2011年に甲子園不出場ながらも、宮崎日大高校から1位指名でソフトバンクに入団し、2012年のプロ1年目から1軍で8勝1敗の成績を残し、潜在能力の高さを発揮、
2年間、2軍と1軍を行き来しますが、今年ついに1軍に固定され覚醒を果たしました!

武田翔太レジェンドカーブ

1993年生まれの22歳の武田翔太さんは、早くもエース候補とされ、すでにスター選手になることが約束されたような雰囲気を持ちます。

そんな武田翔太さんはネット上でレジェンドと呼ばれ
多くの野球ファンが、武田翔太さんのピッチングに翻弄されてます。

武田翔太がレジェンドと呼ばれるのは?バレー仕込みの「ドロップカーブ」は魔球

武田翔太さんが「レジェンド」と呼ばれるきっかけは、
そもそもはネタが半分だったようです。

しかし、その都度、武田翔太選手が急成長・・・、
もはやネタではなく、ガチで「レジェンド」と呼ばれそうな段階です。

ネット上ではポイント制でレジャンド度が溜まっており、
武田翔太さんは、今のところトップに名乗り出てるのです。

特に、武田翔太さんの得意球のカーブは、
スポーツ紙で「魔球」「ドロップカーブ」と形容され、
その縦に大きく割れるカーブは、これまでにも稀なタイプであり、
レジェンド度を高めるのには、都合の良い持ち球なのです。

ちなみに武田翔太さんはバレーバールを部活で経験していたようで、
自身の投球フォームは、バレーのアタックの腕の振りを参考にしてるそうです。

球速自体も140キロ半ばを平均で記録し、
ドロップカーブと合わせて、独自の緩急で打者を仕留めます。

珍しいタイプの投手なので、この先、国際試合などでも活躍しそうですね!
(昨年2014年日米野球では不安定ながら3奪三振でした)

スポンサードリンク



武田翔太はUVERworldの大ファン?登場曲がかっこいい!彼女の噂

今年の武田翔太さんの登場曲はUVERworldの「IMPACT」「Collide」で、
昨年2014年は「KINJITO」でした。

武田翔太さん自身、ツイッターでファンを公言しており、
UVERworldの楽曲やDVDの鑑賞に関するツイートもしてます。

またライブにも参戦するほど、本格的なファンのようで、
メンバーとも親交があるようです。

ここまでファンだと、UVERworldのファンに認知されてそうですね!

武田翔太登場曲UVERworld彼女

そして、若い女性ファンの多い武田翔太さんですが、
ツイッターには多くの女性アカウントからのフォローがあります。

一時期、武田翔太さんのツイッターに彼女と思われる女性がアップされたと、
一瞬だけモヤっとさせましたが、その女性が実際に彼女だったかは不明です。

プロ野球選手が自分のツイッターに、
女友達、姉、妹、知人と一緒に写った写真をアップすると、
ついつい誤解されやすいんだなと・・・・。

22歳の武田翔太さんが、普通の若者文化のTwitterを、
無邪気に使えないのはかわいそうです。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です